デビュー55周年記念 楳図かずお恐怖マンガ展「楳恐―うめこわ―」

この夏、恐怖漫画の神様“楳図かずお”の恐怖ワールドがHEP HALLに出現!

漫画の枠を超えて、芸術・エンターテインメント全般に渡って稀有な独創性を発揮し続ける、宇宙一ロックンロールな天才芸術家、楳図かずおセンセイのデビュー55周年を祝え!「漂流教室」や「おろち」をはじめとする数々の作品の世界を体感できる、唯一無二の超非日常な楳図ホラーエンターテインメント展!

→【チラシ】【CM CLIPs】

デビュー55周年記念 楳図かずお恐怖マンガ展 「楳恐―うめこわ―」

【日時】
2010/7/31(土)~8/15(日) 11:00~20:00(最終日は19:00まで)

【料金】
500円[楳恐限定ステッカー付]※HEPカード会員100円引 ※小学生未満無料

【展覧会内容】


①うめこわーっ ザ・恐怖ワールド
ホラーマンガの神様、楳図かずお先生の代表作を激選!圧倒的な世界観をもつ楳図マンガの恐怖ストーリーコーナー。


②うめこわーっ アートワーク作品集
貴重な原画のデジタル複製作品や、アダチ版画研究所とのコラボによる楳図かずお×現代浮世絵作品を集めたアートコーナー。


③うめこわーっ 美少女“ 楳”図鑑
楳図かずおが描く恐ろしくも美しい少女たちを紹介する、美少女ポートレートコーナー。


④うめこわーっ フィギアワールド
ウメグッズや楳図かずおのプライベートコレクションを特別展示するフィギアコーナー。


⑤うめこわーっ 楳図かずおヒストリー
幼少期から現在にいたるまでの楳図かずおの歴史を、膨大な楳図作品とともに紹介するヒストリーコーナー。


⑥うめこわーっ UMEZZHOUSE探訪写真展
楳図かずお自らがナビゲート、写真で紹介する話題の楳図ハウスコーナー。


⑦うめこわーっ 特別展示 蜷川実花撮り下ろし写真集「UMEZZHOUSE」(小学館)より展示
大の楳図ファンである写真家・蜷川実花と楳図かずおの世界観が強力コラボで完成した写真集 「UMEZZHOUSE」のコーナー。


⑧うめこわーっ ウメズグッズ販売
ポスター付きTシャツ、グワシ扇子、缶バッチなどの楳恐限定グッズ、コミック書籍など各種ウメグッズ販売コーナー。


【スペシャル企画】

「楳図かずおサイン会」開催決定!!
2010/7/31(土) 11:00~ [展覧会ご来場先着55名様限定!]
※入場券の購入が必要。定員に達し次第終了します。

スペシャルタイアップ企画「楳恐ライブ!!」にご招待!

AFTER HOURS Special 楳図かずおデビュー55周年記念「楳恐ライブ!!」
2010/8/15(日) 16:00オープン@チェルシーマーケット
出演 キャッ!!プス(KAZZ(楳図かずお)、Qロベエ、ないない) suzumiki(opening act)
みうらじゅん(special guest)
料金 2,000円(1ドリンク別)
・ローソンチケット 0570-000-777(Lコード57607) 2010/7/1発売開始

本展ご来場の方の中から上記ライブに抽選で55組110名様ご招待!
応募期間 2010/7/31(土)~8/10(火)
会場設置の応募用紙に必要事項を記入のうえご応募ください。

「楳恐ライブ!!」の問い合わせ先:fish for music 078-334-1274 

【お問合せ】
HEP HALL 06-6366-3636

【クレジット】
主催:HEP FIVE
企画・制作:HEP HALL、バウコミュニケーションズ
企画協力:小学館集英社プロダクション、UMEZZ.COM
制作協力:小学館、小学館クリエイティブ、美エンタ、アダチ版画研究所、プリンツ21、ART STORM、ラッキースター
後援:FM802

◎チラシ
 

◎CM CLIPs

楳図かずお
1936年9月3日和歌山県高野山に生まれ、奈良県で育った。
幼児期から絵を描くことに非凡な才能を示し、小学4年のとき漫画を描き始めた。最初の作品は『まほうのつぼ』。14歳の時に描いた『森の兄妹』と高校2年のとき描いた『別世界』が1955年に出版されプロデビューを果たした楳図は、以後精力的に貸本向けの単行本を描いた。『口が耳までさける時』『へび少女』『人こぶ少女』などのホラー作品で日本中の少年少女たちにトラウマを刻みつけた楳図は後に”ホラー漫画の神様”と呼ばれるようになる。
1967年からは『猫目小僧』を発表。1976年に『妖怪伝・猫目小僧』としてテレビアニメ化されている。また、1972年からは『漂流教室』を連載。荒廃した未来の世界で生き抜く子供たちの姿をリアルに描き、1975年には小学館漫画賞を受賞した。一方、1976年からは『まことちゃん』を発表。シュールなギャグが大ブレイクし、”グワシ”は、社会現象となった。現在、楳図のトレードマークと言えば、赤白ボーダーのシャツと、この”グワシ”である。
また、楳図は自らバンドを組み、作詞・作曲・ボーカル・振り付けを手がけ、1975年にはLP『闇のアルバム』をリリースしている。他にも『おろち』『洗礼』『わたしは真悟』『神の左手悪魔の右手』『14歳』など多数の漫画作品があるが、驚くほど時代を先取りした内容であるため、楳図を”預言者”と呼ぶ人も少なくない。また、1994年には後楽園ゆうえんちで「楳図かずおのおばけ屋敷」「安土家の祟り」をプロデュースした。2005年にはデビュー50周年をむかえ、作品の映像化が相次いだ。現在、楳図は腱鞘炎悪化のため漫画の執筆を休んでいるが、5ヶ国語学習や、音楽活動、TV・映画・雑誌の出演などで多忙な毎日を送っている。
楳図かずおは、漫画の枠を超え芸術・エンターテインメント全般に渡り稀有な独創性を発揮し続ける、宇宙一ロックンロールな天才芸術家である!

関連リンク

楳図かずおオフィシャルホームページ

楳図かずおセンセイからメッセージ。

楳図かずおセンセイのデビュー55周年記念の展覧会、
「楳恐-うめこわ-」がいよいよ31(土)~はじまります!
楳図センセイからメッセージいただきました^^

ここのシーンがトラウマで、っていうのを皆さん持ってるんですよね。だから展
覧会でトラウマを再現できるといいですねー(笑)。もういっかいトラウマと向き
あう、トラウマの上塗りね(笑)。
ウソなんだけど現実的でもあるから、「恐い」って大好きなんです。
ボクは「恐
い」を探求研究してる専門家だから、みなさんよりもこれは恐いぞっていうのを
知ってるんです!
「楳恐-うめこわ-」お楽しみに。うめこわ~。グワシ!

 なんてチャーミングな73歳でしょう^^

恐怖マンガは大のニガテですが
楳図センセイのこと、どんどんスキになります(笑)。

そして、
今日発売のぴあ関西版にも楳図センセイがドドンっと登場してます。

 P6をチェック!

ほかにも、SAVVY、Meets、Richer、カジカジ、kansai Walker、
Family Walker、プラスルミノ、シティリビングにも。
今回は月刊IKKI、少年サンデー、週刊SPA!などなど・・・
普段のHEP HALLのイベントではあまり載せていただかない
楳図センセイっぽい(?)雑誌にもたくさん載せてもらってます^^

宮都謹次さんいらっしゃぁい。

「楳恐」の準備中。ホールの中はジョジョに恐怖へと導かれております。フフ
そんな中、売込隊ビームの役者さん、宮都謹次さんが事務所に遊びに来てくれました。
「楳恐」にちなんで、いろんなマンガについても語ってくれる宮都さん。他が着いていけないネタもありますが、そのトークっぷりにひきつけられます。

格好が夏!ですねぇ。すっかり南国な気分になりました、こちらも。
「なんでもできます!なんでもやります!宮都謹次です」

【イベントレポート】風雲!戦国ボルテックス学園、大千秋楽。

ピースピット「風雲!戦国ボルテックス学園」最終日。
天神祭りにわき目も触れず、
みなさまご来場ありがとうございます!

デス電所の和田さん作曲&歌の主題歌が
しばらく頭の中でグルグルしそうです。

舞台写真をどうぞ。↓ ↓

            

5日間8ステージ。
1,100人が熱狂した「風雲!戦国ボルテックス学園」。
夏にぴったりな夏フェスみたいな舞台でした^^

 ありがとうございました!

なんだかTwitterの調子がわるいようです。

Twitterのウィジェットがダウンしてるみたいで、ただいまHEP HALL.com上では表示されません。ピースピットの感想はハッシュタグ #heppp #_PP でご覧ください。酷暑に相応しい、熱血熱闘のステージも残すところいよいよあと2回!

<追記>Twitter、元に戻りました。

ピースピット2日め。

「風雲!戦国ボルテックス学園」2日め。
きょうは14時&19時開演です。

上演時間は約2時間50分(休憩あり)。
各ステージ当日券は開演45分前より販売します。

本日14時公演にはsunday公演中の赤星マサノリさんの出演決定!
そんなサプライズがあるのもピースピットらしい^^
熱くてにぎやかなお祭りさわぎ、楽しいです!

【ご注意】
ピースピット公演期間中はエレベーターは8Fにとまりません。
シースルーエレベーターで7Fへ、観覧車乗り場ヨコの階段で8Fへお越しください。
(各開演45分前より8Fロビーにお入りいただけます)

ピースピットはじまりました!あと、ハチカイ出来ました。

ピースピット「風雲!戦国ボルテックス学園」初日の幕があがりました。
上演時間は休憩込みで約2時間50分です。
開演前にちょっとパンでもかじってエネルギー注入をオススメします。舞台上は、最初からガンガンのパワーでボルテックスっ!、そのパワーをぜひ体感してください!
当日券は全ステージご用意しています。各回、開演の45分前より8階受付にて販売します。階段を上がってすぐの物販コーナーでは、今回の公演の豪華パンフもありますよ~。

そして。
HEP HALLマンスリー「ハチカイ」8月号が出来上がりました!
表紙は楳図センセイのまんがのイラストたち。全部わかるかな?

ピースピット「風雲!戦国ボルテックス学園」

ピースピットがぶちかます青春×戦国のスパイラルハリケーン!!

前作「MOTHER」で母の愛を描いて観客の涙をしぼりとったピースピットが、今度は奇想天外な活劇で暴れまくる!歴史上の名だたる偉人武人が、高校生に!?武装学ランに身を包んだ織田信長に宮本武蔵、坂本龍馬??歌ありダンスありチャンバラありのエンタメ演劇の王道を突き進むピースピット。演劇ファンだけでなく、アニメ好き、漫画好き、ゲーム好きのみなさんも、いま観るべきは、ピースピットですよ。

宮本武蔵が!新撰組が!坂本竜馬が!平賀源内が!ペリーが!天草四郎が!聖徳太子が!一休宗純が!猿飛佐助が!織田信長がっ!!揃いも揃って高校生に!!!
超未来の超科学力がもたらした超絶クローン技術によって蘇った歴史上の名だたる武人偉人<ボルテッカー>たちが通う戦国ボルテックス学園に、下克上のチャイムが鳴り響く!
武装学ラン<ボルテックススーツ>に身を包み、火花を散らす英傑たち!学園長・戦国ボルミが目論むは「第二次戦国時代」!恋と追試と合戦と!決勝は、放課後の関ヶ原グラウンドだ!!
ピースピットがぶちかます青春×戦国のスパイラルハリケーン!!
「燃えろぉぉぉ!俺のボルテックスぅぅぅぅぅぅ!!!!」

→【チラシ】【CM CLIPs】

ピースピット「風雲!戦国ボルテックス学園」

【日時】
2010/7/21(水)-25(日)
7/21(水) 19:00
7/22(木) 14:00|19:00
7/23(金) 14:00|19:00
7/24(土) 13:00|18:00
7/25(日) 15:00

【料金】
前売:4,000円 当日:4,300円 高校生(当日券のみ):3,300円
[全席指定]
★HEPカード割引あり

【作・演出・出演】
末満健一

【振付】
山根千佳(TAKE IT EASY!)

【主題歌】
「VOLTEX!!!!!!!!!!!!」 (作曲/和田俊輔[デス電所] 作詞/末満健一)

【出演】
山崎彬(悪い芝居) 山浦徹(化石オートバイ) 行澤孝(劇団赤鬼) 鈴木洋平 上野真紀夫 那伽けん 大塚宣幸(大阪バンカー帝国) 田渕法明(アクサル) 清水かおり(TAKE IT EASY!) 中村真利亜(TAKE IT EASY!) 前渕さなえ(TAKE IT EASY!) 山根千佳(TAKE IT EASY!) 立花明依(泰平堂) 吉川莉早(悪い芝居) 橋爪未萠里(劇団赤鬼) Sun!!(ミジンコターボ) 丹下真寿美(泰平堂) 森口直美(パプリカン・ポップ) 丹下真寿美(泰平堂) 中野裕貴(泰平堂) 西分綾香 辻裕美 野下真歩

【チケット】
2010/6/6(日) 発売開始
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:405-064)
e+
ピースピットWEB
・HEP HALL電話予約 06-6366-3636(11:00〜20:00)

【お問合せ】
LOTUS -ロヲタス- 090-8536-5375

◎チラシ
  

◎CM CLIPs

末満健一(すえみつけんいち)
1976年生まれ、大阪府出身。脚本家/演出家/構成家/俳優/グラフィックデザイナー。1996年から2000年まで劇団「惑星ピスタチオ」に参加。大阪を中心に活動を続ける。2002年、演劇ユニット「ピースピット」を立ち上げ。自身の脚本 演出 構成作品を発表する傍ら、俳優としても活動している。自作品では哲学的思想の骨組みに、自身が強く影響を受けた漫画 アニメ映画といったサブカルチャーのエッセンスなどを纏わせつつ、徹底的なまでに作り込まれた世界感を組み上げるエンターテイメント性の高い作品を発表。作家性と娯楽性、カルト性と大衆性が絶妙なバランスで混在する作品は、関西を中心に熱狂的な支持を集めている。2009年1月、名作アニメ『千年女優』を舞台化。原作の今 敏監督をも唸らせる出色の出来となった。2009年1月、同作品で演劇博覧会「カラフル3」に参加、福岡FPAPより「ぽんプラザホール賞」を受賞。趣味のグラフィックデザインはプロ級の腕を持ち、自作品の公演のグラフィックデザインのほか、他劇団や様々なイベントのグラフィックなども手がける。

関連リンク

ピースピット

ピースピットは明日から!

ピースピット「風雲!戦国ボルテックス学園」は明日からです。
ホール内ではただいま仕込み中。ピースピットが来た!って感じです(笑)

もちろん今回もtwitterでオススメチューやります!
ハッシュタグは#hepppです。(前後に半角スペースを忘れずにいれてください。半角ですよ)

前回のMOTHERがとても好評だったので、今から楽しみですね。

sundayとリドリー・スコット、サンプリングデイ。

これ知ってます?
7月24日に動画を撮影して、リドリー・スコット製作の映画に参加しよう。

すごくない?なんでもいいから今週の7月24日の様子をビデオに収録して応募したら、もしかしたらリドリースコットのドキュメンタリー映画に参加できるかもしれないんですよ。
まさに全世界規模のサンプリングデイ。

ということで、ピースピットの仕込みを抜けて、お昼に精華小劇場にsunday「サンプリングデイ」を見に行ってきました。

null null

地球最大規模のサンプリングデイプロジェクトのことを書いた後でなんですけど、傑作。マジで。ツイッターでABCのアナウンサーの保坂さんが伊坂幸太郎のことを持ち出してたけど、確かに彼の小説が好きなら、今回の作品はど真ん中ストライクです。ちなみに素浪人ワルツが好きだった人ももちろん間違いないです。

5人の役者が100人の人々の日常を演じる、と言えばそのままなんだけど、その人々の微妙な繋がりぐあい、またある場面が違う場面になる瞬間の絶妙さにグッと来た。ウォーリーさんもリドリー・スコットも同じ題材だろうけど面白い部分は全然違うだろうなぁ。最近、オリジナルテンポや素浪人ワルツなど、どっちかといえばパフォーマンス寄りな作品が続いてるウォーリーさんだけど、今回は壮絶なプロット(ホント、これよく組み立てたなぁ)に凄まじき場面転換を加えて、生の演劇の楽しさがたっぷり詰まったものになってます。演劇らしさとか演劇というものについて真摯に取り組んでるなぁと思った。オススメ!

明後日からのピースピットの真裏ですが、どっちも見たらいいと思いますよ!

最新のスタッフブログ
リンク