【イベントレポート】イキウメ「プランクトンの踊り場」おわりました

イキウメ「プランクトンの踊り場」(2010.5.26-30)終わりました。
ホント面白かったです。
脚本・演出の前川さんの頭に広がる世界をキョウユウした役者・スタッフ陣が生み出す舞台は、ぴったりと隙間もなくはまるパズルのように気持ちよかったです。
でも、自分の想像できる余地もあるのも楽しみどころでした。
もはや劇団員?というほどイキウメにはかかせなくなった客演の安井順平さんの生み出す間合いは絶妙でしたね。
シュークリームがある、ある、あるっ!って実証されたのが舞台ならではのナマのあの感じ、最高でした。自分も参加してるみたいに、楽しかった。

今年の秋にまたイキウメはHEPにやってきますよ。お楽しみに!

ハチカイ、リニューアル!

HEP HALLのマンスリー『ハチカイ』6月号できました。

 リニューアル!

真四角サイズから、ヨコ長サイズに。
6月号の表紙は「コミックフェスタ010」。
コミックアートの力を感じる表紙です^^

楳図かずおの恐怖マンガ展「楳恐ーうめこわー」の
速報も載ってますよ。

イキウメの当日券情報。

当日券は各回開演の1時間前より販売です。
そのほか、TICKETS TOKYOでは開演の3時間前まで予約ができます→コチラ

今回もやっぱり面白かったです!転換とか音など、すべてが気持ちイイんですよね。
安井順平さん素敵すぎる!
ぜひお時間がある方は見に来てください。強くオススメします。

グワシできますか?

楳図かずおセンセイの展覧会が待ち遠しく、みんなでまずはグワシの研究。
◆楳図センセイのHPのグワシの歴史→コチラ

 ワー、ムズイぃ~!
でもデザイナーの水口さん(左上の神の手)出来てるっ!
周りは「手がつりそう~」な感じ。どれくらいの人ができるんかしら?

イキウメ「プランクトンの踊り場」

身近な生活と隣り合わせに異界が現れる、イキウメの世界。前川知大の新作、5月開幕。

今もっとも活躍が注目されている、劇作家・演出家の前川知大。昨年は劇団公演のほかに、プロデュース公演として「奇ッ怪」、「狭き門より入れ」を手がけ、その活躍は紀伊國屋演劇賞個人賞、読売演劇大賞優秀演出家賞、芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞しました。何気ない日常生活が少し歪んだときに垣間見える不思議な世界―。前川知大が描く独特の世界観は観るものを惹きつけ、イキウメファンは年々増加中!意味深で不思議なタイトルの新作「プランクトンの踊り場」、今度はどんな世界に誘ってくれるのか、お楽しみに!

例えば、
私は空の箱を指差し、
その中にシュークリームが5つ入っていますと言う。
「どうぞご自由にお食べください。」
彼は何の疑いもないように、箱に手をかける。
もしその中にシュークリームが無いとしたら、
それは疑り深い彼のせいだ。

例えば、
目をつぶって髪を洗っていると、なにかの気配を感じる。
狭いユニットバスの中、私の他にもう一人いるような気がする。
一人? 心の中でそう言った瞬間、気配は人の形になる。
濡れた黒髪、青白い肌、女、
私の中の紋切り型なイメージが、その幽霊を具体的に彩っていく。
幽霊? そう言った瞬間その人は幽霊以外の何者でもなくなってしまった。
私の記憶から引き出されたその幽霊は、
私が目を開くのを待っている。
思い込みがかたちになる、記憶の踊り場。

イキウメ「プランクトンの踊り場」

【日時】
2010/5/26(水)-30(日)
5/26(水) 19:00
5/27(木) 19:00
5/28(金) 19:00
5/29(土) 14:00|19:00
5/30(日) 14:00

【料金】
前売:3,800円 当日:4,000円[全席指定]

【作・演出】
前川知大

【出演】
浜田信也 盛隆二 岩本幸子 伊勢佳世 森下創 緒方健児 窪田道聡/安井順平 大窪人衛 加茂杏子

【チケット】
2009/3/20(土) 発売開始
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード402-459)
ローソンチケット 0570-084-005(Lコード58495)
CNプレイガイド
e+
・HEP HALL電話予約 06-6366-3636(11:00〜20:00)

【お問合せ】
キョードーインフォメーション 06-7732-8888(10:00〜19:00)

◎チラシ

イキウメ
2003年結成。身近な生活と隣り合わせに異界が現れる、スリリングな世界観を特徴とする。主宰の前川知大が作・演出を担当する。

前川知大 (まえかわともひろ)
劇作家、演出家1974年生まれ新潟県柏崎市出身。イキウメを活動の拠点とする。

【最近の活動】
<脚本・演出>
2007年『狂想のユニオン』『散歩する侵略者』『煙の先※』『抜け穴の会議室』
2008年『眠りのともだち』『ウラノス※』『表と裏と、その向こう』『図書館的人生vol.2~盾と矛~』
2009年『イキウメ短篇集』『関数ドミノ』『見えざるモノの生き残り』『相思双愛※』『奇ッ怪~小泉八雲から聞いた話』(構成・脚本・演出)『狭き門より入れ』
※脚本提供
<小説>「散歩する侵略者」(メディアファクトリー刊)
<コミック原作>「リヴィングストン」※漫画:片岡人生(週刊モーニング)
<コラム連載>「カウンター越しの仮想戦」(月刊ダ・ヴィンチ連載)

【受賞】
2009年
第16回読売演劇大賞優秀作品賞(『表と裏と、その向こう』)
同賞優秀演出家賞(『表と裏と、その向こう』『図書館的人生vol.2盾と矛』)
2010年
第44回紀伊國屋演劇賞個人賞(『関数ドミノ』『奇ッ怪』)
第17回読売演劇大賞優秀演出家賞(『関数ドミノ』『狭き門より入れ』)
第60回芸術選奨文部科学大臣新人賞(演劇部門)を受賞。

関連リンク

イキウメ

速報!楳図かずお展っ!!!

HEP HALLの夏のイベントは
楳図かずお!!
楳図センセイのデビュー55周年を祝えっ。

楳図かずお恐怖マンガ展
「楳恐―うめこわ―」@HEP HALL
2010年7月31日(土)~8月15日(日)

宇宙一ロックンロールな天才芸術家、恐怖マンガの神サマ【楳図かずお】の
恐怖ワールドがHEP HALLに出現!
唯一無二の超非日常な楳図ホラーエンタテインメント展。
グワシッ!!

素浪人ワルツのアフタートークとイキウメもオススメチュー

もう気がつけば1週間たってるんですが、素浪人ワルツ千秋楽16日のアフタートークの映像をUSTREAMのヘップホールチャンネルにアップしました。15日夜の回だけ予定していたアフタートーク、盛り上がったからその勢いで千秋楽もやっちゃおう!・・みたいなノリでしたが、これがホントおもしろいんですよ~。

生中継した15日のアフタートークも見れますので、お時間あるときにぜひどうぞ。

試聴ページ→http://www.ustream.tv/channel/hephall

さてさて、ただいまホール内は「見えざるものの生き残り」以来約半年振りのイキウメの仕込みがすすんでおります。今回の公演も東京でも大好評だったので、今からすごく楽しみです^^

そして今回の公演も「twitterでオススメチュー!」やります。今回のハッシュタグは#hepikiume(前後に半角スペースいれるのはもうおなじみですよね)でいこうと思います。見て「おもしろい」と思った人はこのハッシュタグをつけてドンドンつぶやいてください。

イキウメがやってきた。

イキウメ「プランクトンの踊り場」はいよいよ明日から。
きょうは朝から搬入、立て込み、リハーサル。
めずらしく標準語が飛び交うHEP HALLです。

初日26(水)のHEP HALL電話予約分は完売です。
そのほか、29(土)14:00以外は電話予約できます(残りわずか)。
(各プレイガイドにはチケットが若干あるようです)

当日券は毎ステージあります。
上演時間は、約2時間(途中休憩なし)です。

【イベントレポート】【みなさんのこえ】「ZOOBERIAN」セットリスト!

SIBERIAN NEWSPAPERワンマンフェスティバル「ZOOBERIAN」(2010.5.23)終わりました。体の疲れとともに、心に熱いものがジワ~ッとしみてきます。
昨日参加してくれたみなさま、たいへんお疲れ様でした!立ったり、座ったり、並んだり、走ったり、食べたり、大変だったと思います。本当にありがとうございました!!
ひとつのバンドでフェスが出来る、なんて…!(思ってました?)
気づけばあっという間に終わり、最後のオールスタンディングのライブは最高っでした!夢みていた情景がそこにありましたね。
休憩時間のDJ吉川さんのシベラジオもフェスっぽくて楽しかったなぁ。
そのほか、ベストヒッツ・オブ・シベリアンではDJ・遠藤淳さんがシブイ声でステキなナビゲートをしてくれ、シベラジオには飛び入りでラジオDJ・西村愛さんも登場。なんとにぎやかで豪華なDJ陣でした。ありがとうございました。


(さらに…)

ヨース毛さんがやってきた♪

ZOOBERIANの興奮が冷めない事務所ですが、ちょっとした疲労感でみんなだんまり作業をしてます。1週間前の「素浪人ワルツ」の次の日もこんな感じだったなぁ〜としみじみ。

そしたら、ふらりとヨース毛さん(@ザッハトルテ)が遊びに来てくれました♪
 いつもお茶目なヨース毛さん!

来月、京阪電車中之島線「なにわ橋駅」の地下1階コンコース「アートエリアB1」で即興ダンスバトルのプログラムに出演されるそうです!・・・もちろんダンスではなくチェロを演奏します^^男女7名のダンサーさんとチェロの即興ダンスバトル!

「ボクらはカップ麺やコンビニと共に生まれ育った。
R35世代の即興ダンスバトル!」
6月20日(日)16:00〜
詳しくはコチラ

 

あ、昨日のZOOBERIANの時に田中啓介さん(@「素浪人ワルツ」の黒子さん^^)も来てくれたんですが、わちゃわちゃなっていたので写真が撮れませんでした!!HEP HALLはいつでもみなさまをお待ちしております〜!

最新のスタッフブログ
リンク