【イベントレポート】muro式.3「算」みんなムロさんが大好きになる

muro式.3「算」終わりました~。たっくさん笑いました。見終わったあと元気になりました!

出演しているお3人にも、それぞれが手がけた作品にも、出てきたキャラクターにも溢れんばかりの愛おしさ。これまでテレビや映画でしかムロさんを見たことない人も多かったと思いますが、終わったあとムロさんが大好きになってるシリーズです。客席もステージもアタタカイ表情でいっぱいで。最後のカーテンコールでのトークも込みでmuro式を楽しんでいただけたかと思います。ストーリーも全て面白かったんですが、個人的には永野さん脚本のバックパッカーズハイが印象的です。あんなシチュエーション…これで笑わせられるのはこの3人だからですね。

muro式のvol.1にも出演したヨーロッパ企画の永野さんと本多さんは、今回のvol.3にも出演し、このまま奇数回のときはこのメンバーでやりたいな、というお話もカーテンコールでされてましたし、今後のmuro式の動きも楽しみです。

ムロツヨシさん出演の今秋公開予定の映画「大洗にも星は降るなり」→公式サイト

ヨーロッパ企画は京都シネマを1週間ジャック!舞台映画化第2弾「曲がれ!スプーン」(公式サイト→コチラ)の公開を目前にひかえ、これまでの映画や舞台、テレビ番組を上映。ゲストとのトークもお楽しみに。→スプーンが曲がる前に

熱くて爽やかなムロさん。

muro式、初回を見ました。
以前ムロさんに、短編が好きなんですか?って聞いたところ、「世にも奇妙な物語」が大好きで、あんな風にいろんな物語を楽しんでもらいたいって言ってました。うん、見終わった後の感想もまさにそんな感じでしたよ。あ、番組終わった。もうちょっと見たかったなぁって感じ。というか、肩の力を抜いて見ていられるものばかりなので、これなら何時間でも見てられるなぁ。今回は、出演者三人がそれぞれ短編の作・演出を手がけているので、その違いも楽しめます。本多さんは、初めての作・演出なんだって。ムロさんが自分の作・演出作で、なんだか右のCM→そのままな感じだったのが面白かった。もう明日が最終日、早いなぁ。お見逃しなく!

プロペラ犬「サボテニング」チケット先行販売のお知らせ。

プロペラ犬「サボテニング」の発売日に先がけて
先行販売のお知らせです! 

ぴあ関西版 8/27(木)発売号で
スーパーリザーブシート受付中です。

090827pia-002.jpg 応募ハガキで9/9(水)必着!

キューブのHPではCubit Clubの先行受付があります。
9/4(金)12:00~11(金)12:00 エントリー受付。

一般発売は、9/26(土)。
チケットぴあ、イープラス、HEP HALL電話予約 にて。

「サボテニング」の客席は、約160席の予定。
全5ステージしかない大阪公演、チケットの確保はお早めに!

(さらに…)

muro式.3「算-サン-」

banner090829.jpg

愛され男子3人によるショートストーリーオムニバス

俳優ムロツヨシが「好きな役者、好きな脚本家と舞台がやりたい」といって始まった企画muro式が、3回目にして大阪初登場。ゲストは映画「サマータイムマシン・ブルース」(05年)で共演、そしてmuro式.1「幾」(08年)でも共演した気心の知れたふたり、ヨーロッパ企画の永野宗典&本多力。この3人、一癖も二癖もありそうなのにこの愛くるしいたたずまい(笑)。とっても気になる3人が、3人で作って3人で演じるショートストーリーオムニバス。お楽しみに!

muro式.3「算-サン-」

日時 2009/8/29(土)- 30(日)
29(土)13:00/17:00
30(日)13:00/17:00
料金 前売3,300円 当日3,500円[全席指定]
演出 ムロツヨシ
出演/脚本 永野宗典(ヨーロッパ企画)、本多力(ヨーロッパ企画)、ムロツヨシ
チケット 2009/6/6(土)発売開始
ローソンチケット→0570-084-005(Lコード:56016)
電子チケットぴあ→0570-02-9999(Pコード:395-662)
e+
・HEP HALL電話予約→06-6366-3636(11:00〜20:00)
お問合せ (株)サウンドクリエーター:06-6357-4400

ムロツヨシといいます、
はじめまして、だと思われます、
そんなムロツヨシ、HEPHALLで8月、舞台やりたいと思いまして、
なんだかんだありまして、
やって良いとなりまして、やらせて頂くことになりました、
ありがとうございます、本心からのありがとうです、

大阪の一番の思い出は…人生で一度きりの一目惚れをしたことです、
ある居酒屋さんの店員さんでした、
その場所が思い出せず、7年も前なので、
もうその子はいないんだと思われます、
どなたかもしその子に会ったら、宜しく伝えてください、

そんなムロツヨシ、大阪で舞台やらせてください、
ヨーロッパ企画の永野と本多と3人舞台、
なんでどうか観にきてください、
そして、その子が舞台観にきてくれるよう、祈ってください、

ムロツヨシ
1976年1月23日生まれ。神奈川県出身。大学在学中に役者を志し、99年に作・演出・出演を行った独り舞台で活動を開始。映画「サマータイムマシン・ブルース」をきっかけに映像にも活動を広げる。映画「大洗にも星はふるなり」が今秋公開予定のほか、「曲がれスプーン」(11月公開)、「呪怨 白い老女」(6月公開)など出演映画が続々公開予定。

◎チラシ
muroshiki3_7.jpg muroshiki3_ura3.jpg

◎コメント映像
1.jpg 

関連リンク

ムロツヨシ
ヨーロッパ企画

muro式「算」の当日券は開演の1時間前から販売。

俊作展も終わり、甲子園が終わった球児のように抜け殻になって・・・るヒマはありませんよっ。今日はmuro式の仕込み日、オモシロそうな空間がステージに作られています。ムロツヨシさんがヨーロッパ企画・永野宗典さんと本多力とどんな舞台を繰り広げるのか、楽しみです!

当日券は各回開演の1時間前より受付にて販売します。
HEP HALL電話予約は各公演前日の20時までお受けできますので、ジャンジャンお電話下さい~。→06-6366-3636(11:00~20:00)

「IN THE HEAD」10日目、遊びのように世界は創られた。

林俊作LIVE Exhibition「IN THE HEAD」、最終日。

終わりましたーっ。

たくさんのお客さんが、
いまかいまかと待ちわびた完成の瞬間。 

090827-106.jpg サインを入れて

090827-109.jpg 16:02 完成!

拍手がおきました。

ライブドローイング作品
「遊びのように世界は創られた」

090827-115.jpg イントレがはずされて全貌がお目見え。お客さんも絵の一部に。

090827-146.jpg 林俊作、16歳の夏の挑戦が終わりました。

たくさんのご来場、ご声援、ありがとうございました!
林俊作ホームページはこちら

「IN THE HEAD」最終日、まもなく。

もう、今日で終わり。
しかも俊作くん、凄いスパートかけたから、たぶんお昼間に描き上がります。
描き終わりを見届けたい人は、お早めに!

「IN THE HEAD」9日目、ラストスパート。

林俊作LIVE Exhibition「IN THE HEAD」、9日目。

090826-008.jpg 今朝はちびっ子が多かった^^

手で、タオルで、色を豪快に塗っていくのが
おもしろくて興味津々の様子(笑)。

090826-030.jpg 090826-022.jpg

真っ白だったキャンバスに、
美しくて壮大な物語が生まれています。

想像力をフル稼働して俊作ワールドに浸るもよし。
アタマをからっぽにしてボーッと眺めるもよし。

林俊作LIVE Exhibition「IN THE HEAD」は明日まで!
お見逃しなく!!

090826-035.jpg 090826-071.jpg

(さらに…)

【みなさんのこえ】林俊作 LIVE Exhibition「IN THE HEAD」その2

毎日俊作くんも楽しみに読んでいるアンケート。第2弾をご紹介します。


モード学園のCMで気になっていて、HEPに来たらLIVE Exhibitionをやってると聞き、来場しました。少し怖いとパッと見は思いましたが、じっくり見るとひとつひとつの表情があって、世界があって、とても興味深く見ることが出来ました。私はちょうど空からの部分を描いていたのを見たのですが、1時間程度にそこの雰囲気が色で少しずつ変わっていくその変化を楽しむことができました。これからもがんばってください。(20代・女性・会社員)
申し訳ないんですが、今回初めて林さんのことを知りました。林さんの絵は見ていて気持ち悪いと感じることはなく、むしろ水槽の中を見ているようでオモシロかったですね。(30代・男性・アルバイト)

(さらに…)

「IN THE HEAD」8日目、スピードアップ。

林俊作LIVE Exhibition「IN THE HEAD」、8日目。

午前中は、
細かいところをマッキーで描いていた俊作くん。
物語が濃く浮かび上がってくる感じ。

090825-021.jpg

午後になって、
おもむろに最後の白地を朱色に染めます。
あざやかな色。
会場のお客さん全員が、息をのんで見守ります。

090825-032.jpg 090825-048.jpg

手から林俊作の世界が流れ出てきます。

メキシコでオロスコの巨大壁画「カタルシス」を見て
はじめて立ちすくむ、感覚を味わったという俊作くん。
そんな彼の描く絵をみて、私たちは立ちすくむ。

残り3日間。

ラストスパート。

 
 

最新のスタッフブログ
リンク