BLOG

◎2007年5月以前の記事はこちら


Oppiとシアターガイド

 tag:

「少女ファウスト」の情報が載ってます、情報~。

20070802-003.jpg → 20070802-002.jpg

地下鉄駅構内で手に入るフリーペーパー、Oppi8月号。

そしてシアターガイド9月号。

20070802-004.jpg → 20070802-006.jpg

(さらに…)


んふふふふ。

 tag:

こんな笑い声じゃすまないかな。

とうとう8月!

キム兄の展覧会「キム兄屋敷」まだまだ続きます。

ついつい笑いに、来てください。

8/15(水)までの11:00~20:00で開催中、入場は無料です!

(さらに…)


取材と打合せのいちにち。

 tag: ,

朝イチは、「少女ファウスト」の雑誌取材でした。

20070731-004.jpg ←取材をうけてます。

(さらに…)


Unlimited toneチケット明日発売

 tag:

9/25にヘップホールで行われるUnlimited toneのワンマンライブ。

そのチケットが明日8/1に発売です!

tirasiomote.jpg

(さらに…)


福田転球×平田敦子÷千葉雅子

 tag: , ,

「つゆ男」(12/13-16)

20070729-002.jpg ←チラシが届きました。

(さらに…)


来たん?

 tag:

キム兄展2日目。

20070729-007.jpg きのう今日と、こんなん貰えました。

(さらに…)



【プロフィール】loves music

 tag:

asa_web.jpgAsa festoon(アサ フェストゥーン)

02年,5月に、キューバのブエナビスタソシカルクラブの若手ピアニストロベルトフォンセカプロデフュースによるアルバム『Felicidad !』にてCDデビュー。07年までに、オリジナル4枚、ポップスカヴァー集2枚、ライヴ版1枚 を発表してきた。『festoon』とは花綱飾りという意味がある。 『Asa festoon』とは、Asa本人が表現したい世界を、その時々に賛同してくれる、花となる力とともに創り上げる形体そのもの、をも現している。5周年を迎える07年は、原点であるライヴ活動を中心に、次なる 作品へ目下、準備中。
Asa festoon公式サイト

anamaki001.jpg
アナム&マキ

1979年大阪生まれ。河島亜奈睦と本夛真季の2人からなるアグレッシブ・アコースティックギターバンド。アナムの高音とマキの低音のハーモニー、重なり合う2人のギター、この4つの音世界は唯一無二である。2000年『戦え!野良犬』でワーナーからデビュー後、インディーズでの活動も含め、バンドを従えてのライブ、ベーシストやパーカッショニストとの3人でのライブ、2人だけのライブと、フレキシブルに活動中。2007年8月8日シングル『テキレイ』をVirginからリリース。(菊地凛子主演:SK-ⅡアクアフィジックスWEBムービー「適齢期 1ヶ月で結婚する法」サントラ盤シングル)シングルで表現した27歳女性の等身大の心情はそのままに、音楽的バリエーション豊かに展開させた5thアルバム『NAKED GIRLS』を9月5日にリリース。
アナム&マキ公式サイト

kakoimiku.jpg
カコイミク

1982年3月17日生まれ。福岡出身。3歳からバレエを学びながら、マイケルジャクソンを愛聴する「超早熟」な幼少期を過ごす。中学生時から作詞・作曲を始め、大学入学後クラブ/ライブハウスでソロ活動を開始する。2003年事、”Standcolor”と出会いボーカリストとして加入。昨年まで同バンドに在籍し、その美しくソウルフルな声色とSOUL/R&BをベースとしながらもラテンやJAZZの要素が独自のグルーヴ感でブレンドされたサウンドで地元大阪を中心に注目を集める。2006年、カコイミクはソロシンガーとして、Standcolorは音楽制作集団としての道を歩み始める。同年8/30にファースト・ミニアルバムをリリースし、そこに収録されているGIRA MUNDO”による「飾らない情熱」のリミックスが、DMRからのアナログリリースや、クラブ系コンピなどに収録されるなど、クラブ系ユーザーからも注目を浴びることとなる。2007年6/20には待望のセカンド・ミニアルバム「MUSEUM」をリリース。
カコイミク公式サイト

sanoyuho.jpg
佐野遊歩(サノユウホ)
fromハンバート ハンバート

2001年 佐藤良成との男女デュオ「ハンバートハンバート」としてデビュー。2005年シングル『おなじ話』が各地のFM局でパワープレイに選ばれ話題に。2006年にはサマーソニック出演。舞台や映画にも楽曲を提供(2007年7月HEP HALL Theatre14「Lovers~ふたりだけのロミオとジュリエット~」テーマソング、劇団ダンダンブエノ「礎」挿入歌 など)。9/15公開の映画『包帯クラブ』(堤幸彦監督)では劇中音楽を担当。フォーク、アイリッシュ、カントリー、日本の童謡などをルーツに感じさせる、どこか懐かしく切ない楽曲と、伸びやかで透明、おおらかで素朴、哀愁を帯びつつもさっぱりとした歌声ですべての人を魅了している。2007年 フジロックフェスティバル出演。佐野遊穂としてのソロ活動は本年より本格的に始動し、今後コンスタントにライブを行う予定。10/17にはハンバートハンバートとしてのニューシングル『夜明け』が発売される。
ハンバート ハンバート公式サイト

fh000018.JPG
マキ凛花(マキリンカ)

’60年代の映画音楽やフレンチポップ、ジャズなどのフレーバー満載のオリジナル曲を中心に、「ポップでキュート&ちょいセクシー」をコンセプトに活動を続ける関西在住の個性派アーティスト。2004年10月にリリースされたファーストアルバム「マネチカ」は、ピアノ一台をバックに繰り広げるちょっとレトロなキャバレー風エンタテインメントショー!全国の外資系CD店のみならず、ヴィレッジヴァンガードなどのショップを中心としたカルチャーシーンからも絶大な支持を受け、好セールスを記録。2005年9月にはビクターベイブスターより待望のニューアルバム「シネマチカ」をリリース。ピアノと歌のみだった前作と大きく趣を変え、様々なミュージシャンたちとのコラボレーション。ミュージカルあり、コメディあり、スパイものあり、ホラーあり、ウエスタンあり、お色気あり(!)とバラエティに富んだ古きよきシネマの世界を“女優・マキ凛花”主演でお送りします!ライブでは、時おり小芝居も入る“女優・マキ凛花”の独特でユニークな世界に、老若男女問わず病み付きになる人続出!!
マキ凛花公式サイト


ユリイカ百貨店発売日。

 tag: ,

きょうは、9/5&6の「Park Style」で上演の
ユリイカ百貨店『Dramatic Odd Theater』のチケット発売日。

dramatic-odd-theatre_2photo2.jpg (初演より)

ノスタルジックでかわいくて、ちっちゃいおもちゃ箱みたいな
そんなユリイカワールドがPark Styleの空間に初登場!
(さらに…)


GEKKYU→月球に回帰

今日からホールでは、キムキム兄やんこと木村祐一氏の

展覧会「キム兄屋敷」が始まりまして、1,000人突破です。

入場無料なので、HEPに遊びに来た際は8階まで遊びに来てくださいね。

30日はキム兄のトークもありますよ~♪

【キム兄トークライブ見せたる!】
2007/7/30(月)13:00〜(25組50名様ご招待)
キム兄屋敷開催記念!木村祐一氏によるトークライブ開催!
参加資格は、28日(土)・29日(日)の二日間、
来場者に配られる開催記念品を用いて抽選にて決定!
※記念品は数に限りがございますので、なくなり次第終了とさせていただきます

(さらに…)


最新のスタッフブログ
リンク