BLOG

「愛の秘密工作室」参加アーティスト紹介、現代美術二等兵。ハッシュタグは・・・

TAKE IT EASY!「千年女優」もたいっへん盛り上がっておりますが、この次に控えている展覧会、こちらもジワジワメラメラきております。
7組のアーティストによる7つの愛のかたち「愛の秘密工作室」(1/29-2/13)
声に出しても不思議な何コレ感がたまらないのですが、さらにヒミツ感をこめて我々は「AHK」呼んでいます。※長いからじゃありません。
さて!
年が明けて、オモチ食べて、もうすぐ恵方巻き食べて、そのあとは食べるのはチョコレートでしょうか。バレンタインといえばチョコが主流な中、ちょっと人より愛情を示したい、という方にオススメの展覧会がこのAHKです。チョコが苦手な彼に、あっと驚かせたいあなたに、古今東西7組のアーティストがいろいろな愛の形を表現します。入場無料!

今日は、その参加アーティスト7組の中で兄貴的な存在感をほこる、現代美術二等兵のお2人をご紹介。現代美術二等兵といえば、HEP HALLで2008年に開催した現代美術二等兵展「駄美術ミュージアム」で、11日間で約8,400名の動員、会場各所でプッとふきだすお客様をたくさん見ました。

2008年「駄美術ミュージアム」の様子

 
現代美術二等兵(左:ふじわらさん 右:籠谷さん)
手には名作「こけしアレー」(このこけし本当に重いし)

どんな作品テイストかわかっていただけたかと思いますが、現代美術二等兵の公式サイトのコーナー、月刊駄美術図鑑にたくさん載ってます。のぞいてみてください→月刊駄美術図鑑
こちらの作品たちは月イチ更新。もうっ…アイデア実現出来すぎ!
こんなんあったら面白いよね、と思いついたものを本当に制作してまえると、そのマジ加減もオモシロイわけですが、カッコイィ!にもなる、という。いやはや。
彫刻・絵画・写真などあらゆる手法で作品を制作、んー、すごい。個人的には、かがみ餅、モバ山水、高齢ロッカーの為の手押し車、現実逃避まくら…など好きな作品を挙げていくとキリがありません。「何だねこれは?!」と一瞬わからなくても、見た人それぞれにゴールをもたらしてくれる作品たちです。
★本も出てます。→『駄美術ギャラリー』 一家に一冊ドウゾ。

AHKでは「LOVE」をテーマにどんな作品が飾られるのか、楽しみにしといてください。
愛って人ソレゾレですね。それではまた。

7組のアーティストによる7つの愛のかたち「愛の秘密工作室」
◇現代美術二等兵の公式HP→
◇籠谷シェーンさんのtwitter→コチラ
◇ふじわらかつひとさんのtwitter→コチラ

「愛の秘密工作室」のハッシュタグは、(半角スペース)#hepahk(半角スペース)です。
ご来場の際にぜひつぶやいてください。


次の記事 
前の記事 

最新のスタッフブログ
リンク