愛の秘密工作室

7組のアーティストによる7つの愛のかたち
「愛の秘密工作室」

「つくること」をエンターテインメント化してきた異業種の強豪たちが一堂に会する、愛のスーパー展覧会!!

誰もが「愛」に過敏になってしまう季節。プロダクトデザイナー、コピーライター、雑貨デザイナー、駄美術作家など様々な分野の作り手たち7組が、思い思いに「愛」を工作します。美術展みたいな顔してますが、ムズかしいことは一切ヌキ!甘い愛、しょっぱい愛、燃える愛、いぶし銀な愛……。いろんな愛のかたちを、のぞいて見てください。

[ Flyer ]
 

[ Data ]
日時 2011.1.29(土)〜2.13(日)11:00〜20:00
料金 入場無料
参加アーティスト 乙幡啓子 木内貴志 現代美術二等兵 こけしマッチ制作所 清水久和 服部公太郎 吉澤久美子
クレジット 主催:HEP FIVE
お問合せ HEP HALL tel.06-6366-3636
関連サイト 乙幡啓子
木内貴志
現代美術二等兵
こけしマッチ製作所
清水久和(SABO STUDIO)
吉澤久美子
[ Profile ]
乙幡啓子作品 乙幡啓子
怒涛の妄想力と巧みな造形力で頭の中にあるものを実体化することに全力で立ち向かう具現化マスター
群馬県生まれ。普通の学校・普通の会社を経て紆余曲折の後、普通のライターとなる。やがてモノを作ってその記事を書くライターとなり、いつしか主な関心はモノを作るほうへと移る。モノ作った記事をまとめた著書「妄想工作」(廣済堂出版)が好評発売中。
木内貴志作品 木内貴志
あらゆる手法で美術の可能性を探っている俺流作家
シニカルに、ストレートに、自分というものを美術で表現

京都府生まれ。手法や作風を限定せず、絵画や立体はもとより、企画性の強いイベント的行為作品など、様々な表現を使い、社会や制度と個人の問題を作品化し、「キウチズム」なる個人イズムの確立を追及している。
現代美術二等兵作品 現代美術二等兵
アート、雑貨、エンターテインメント、プロダクトの間をふらふらと漂う脱力ユニット
ちょっと堅苦しい現代美術にクスッと笑えるスパイスを加え、見る人誰もが楽しめる作品を作り続ける、籠谷シェーンとふじわらかつひとの2人によるアートユニット。わかる人にだけわかるという高尚な芸術活動とは正反対の脱力エンターテインメント。
こけしマッチ制作所作品 こけしマッチ制作所
ほっこり脱力系雑貨たちを生み出すクリエーター集団
「こけしマッチ」を中心に、棒の先に顔のついたマッチなどを作って売ってる3人組。メンバーは、大阪在住の制作担当・平坂公美、HP制作担当・西海真輔、東京在住の営業担当・山田晶子。マッチのほか、タオルや手ぬぐいなどのお土産制作、ポストカードのデザインなど、活動の幅をちょっとずつ拡大中。
清水久和作品 清水久和
敏腕プロダクトデザイナー且つバッドデザイン宣教師
長崎県生まれ。桑沢デザイン研究所卒。キヤノンにてIXY DIGITALのデザインなどでグッドデザイン賞、独iFデザイン賞など受賞多数。個人では「愛のバッドデザイン」をライフワークにSABO STUDIOとして活動。アイスクリームスプーンや鏡などを手掛ける。
服部公太郎作品 服部公太郎
洗練された軽やかなタッチとユーモアのセンスで何気ないモノを見事にアートへと昇華
岐阜県生まれ。東京芸術大学美術学部大学院在学中にベネトン[FABRICA ファブリカ](イタリア)に留学。大手広告代理店に勤めながら創作活動を続ける。2007年「ひとつぼ展」にてグランプリ。
吉澤久美子作品 吉澤久美子
ちょっぴり不気味でキュート、お洒落でワイルド…微妙で絶妙な不一致感が、不思議な物体を生み出す
東京都生まれ。多摩美術大学彫刻科研究生修了。ワークショップ、CDジャケット制作、野外音楽フェスティバルでの展示や、六本木ヒルズ内ミュージアムショップ「アート アンド デザイン ストア」にて自身の小作品「prayer」を販売するなど多方面で活躍中。

最新のスタッフブログ
リンク