BLOG

sundayとリドリー・スコット、サンプリングデイ。

これ知ってます?
7月24日に動画を撮影して、リドリー・スコット製作の映画に参加しよう。

すごくない?なんでもいいから今週の7月24日の様子をビデオに収録して応募したら、もしかしたらリドリースコットのドキュメンタリー映画に参加できるかもしれないんですよ。
まさに全世界規模のサンプリングデイ。

ということで、ピースピットの仕込みを抜けて、お昼に精華小劇場にsunday「サンプリングデイ」を見に行ってきました。

null null

地球最大規模のサンプリングデイプロジェクトのことを書いた後でなんですけど、傑作。マジで。ツイッターでABCのアナウンサーの保坂さんが伊坂幸太郎のことを持ち出してたけど、確かに彼の小説が好きなら、今回の作品はど真ん中ストライクです。ちなみに素浪人ワルツが好きだった人ももちろん間違いないです。

5人の役者が100人の人々の日常を演じる、と言えばそのままなんだけど、その人々の微妙な繋がりぐあい、またある場面が違う場面になる瞬間の絶妙さにグッと来た。ウォーリーさんもリドリー・スコットも同じ題材だろうけど面白い部分は全然違うだろうなぁ。最近、オリジナルテンポや素浪人ワルツなど、どっちかといえばパフォーマンス寄りな作品が続いてるウォーリーさんだけど、今回は壮絶なプロット(ホント、これよく組み立てたなぁ)に凄まじき場面転換を加えて、生の演劇の楽しさがたっぷり詰まったものになってます。演劇らしさとか演劇というものについて真摯に取り組んでるなぁと思った。オススメ!

明後日からのピースピットの真裏ですが、どっちも見たらいいと思いますよ!


次の記事 
前の記事 

最新のスタッフブログ
リンク