BLOG

【メッセージ】by水野美紀・楠野一郎

「なりゆきで」としか言いようがないんですが、
本気で公演をやることになりました。
まず脚本ありきで始まりまして、
「おもしれーじゃん」ってことで河原さんや入江さんが乗ってくれました。
他にもたくさんの人々が乗ってくれました。
というわけで、この後にも引けない、言い訳もできない追い込まれた状況の中、
死ぬ気で自分の限界に挑みます!
「まあ、観てやろうじゃん」と乗っていただければ幸いです。

水野美紀(女優・『プロペラ犬』共同主宰)

近頃、よく説明を求められる。
「プロペラ犬って、劇団なんですか?」
「えっと・・・主演女優と脚本家のユニットでして、今回は演出に入江雅人さん、客演に河原雅彦さんを迎える形で・・・」
「コメディなんでしょ?」
「ええ、コメディです。あ、てか、笑ってる場合じゃないことも起きますけど・・・」
「オムニバスなの?」
「そうですね、オムニバス・・・あ、でもそうは言い切れないけど・・・えっと・・・」
むぎー!! はっきりしろ、自分!! そんな男子はもてませんよ!!!
ただ、わがままを言わせてもらえるなら、見方によるってことで処理しといてほしいのです。
見方によってはむだ毛だし、見方によってはうぶ毛です。
処理は自由!!! 要は誰がどんな覚悟で生やしてるかだと思うのです。たぶん。
そう、プロペラ犬は毎回、自由度の高い組み合わせで女優・水野美紀の他では見せない生やしっぷりをあなたなりの見方でお楽しみいただく、ひと息に言うならそんな場です。
あ、生やすって、「生きる」と同じ字だ!なんかうまくオチた!見切り発車で書き出したのに!

楠野一郎(脚本家・『プロペラ犬』共同主宰)



タグ 

次の記事 
前の記事 

最新のスタッフブログ
リンク