BLOG

店長が怒らないような理由を作ってやろうか…

24日まで公演中の売込隊ビーム「コクジンのブラウス」はビーム初の本格ミステーリー。
ですが、sany01821.jpg

個人的感想としては、ストーリ自体は割とあっさりしているので(笑)、寝る前のストレッチ的な丁度いい疲労感とか清々しさを感じました。観た後に思い出しながら、あれがそれでこうなって「あ〜そういうことか!」って感じでいい具合に脳みそ刺激されました。ぐっすり眠れます。
ですが、
作家の横山さんの書く言葉の使い方とか、登場人物の人格、性格の作り方がすごく生々しいんです。はっきり言って、怖いです。
そして、世界観がすんなり入ってくるのは役者さんの演技がずば抜けて上手だからなんだと思います。
観ているだけなのに事件に関わってしまっているような気分になってしまいます。思い出すだけで、背中がぞくっとします。「僕、関係ないのに。」
もう観ていただいた方は非常にわかると思うんですが、リアルに居るんですよね、こーゆー煙たい奴。とか頼りなさそうなバイト君とか…
ほんとに演技なのか?!
sany0036.JPG


次の記事 
前の記事 

最新のスタッフブログ
リンク