BLOG

少女ファウスト introduction

【Park Style】少女ファウスト introduction

死を目前にした男の前に、悪魔が現れこう囁く
「魂と引き換えに、お前の望みを叶えてやろう─」

15世紀頃に実在したと言われるファウスト博士。錬金術や占星術を使う黒魔術師であるという噂に包まれ、悪魔と契約して最後には魂を奪われたという伝説を持つ彼を主人公に、ドイツの文豪ゲーテはその生涯をかけて戯曲「ファウスト」を完成させました。
今作「少女ファウスト」では、死刑を目前にした男が、ある望みのために悪魔と契約を交わすことになります。

faust_01.gif

作・演出は大塚雅史。演出家として精力的に活動を続ける彼が、14歳のアーティスト林俊作と共に新たなるファウストの世界を描きます。男、少女、悪魔の最小構成で描く新しいファウストの物語は、小スペースのPark Style ならではの試みとして、出演者は2名のみ。主人公の男には、赤星マサノリが、少女役にはオーディションで選出した13 歳の西尾瑠衣が挑みます。そして悪魔メフィストフェレスは林俊作によるオブジェ。悪魔の声の出演で山根千佳が参加します。

faust_02.gif

過去2年にわたり、HEP HALL で展覧会を開催してきた林俊作。
今夏には世界最大のCG フェスティバル、SIGGRAPH2007に招待作家として出展し、さらなる飛躍が期待される彼が舞台美術に挑戦。また等身大の悪魔メフィストフェレスの立体造形にもご期待下さい!
※舞台美術は開演前の彼のライブ・ペインティングで完成予定。幕が開くまでの間、林俊作が少女ファウストの世界を描き出します。こちらもお見逃しなく!

faust_03.gif

公園の階段に座ってのんびり楽しむ。そんなステージがPark Style。昨年、HEP HALLで音楽を楽しむために考え出したステージ形式は好評を呼び、今回はその演劇バージョン第一弾。アーティストの息づかいが感じられるくらい近くで、極上のパフォーマンスをお楽しみください。


作・演出/大塚雅史
舞台美術/林俊作
出演/赤星マサノリ、西尾瑠衣、山根千佳(声の出演)

舞台監督/久保克司
音響/増田郁子
照明プラン/大塚雅史
照明オペレーター/加藤直子
オブジェ製作協力/水野泰彰
振付/山根千佳
スタイリスト/ KOMAKI
宣伝写真/藤本直也
宣伝美術/水口美佳
プロデューサー/星川大輔

企画製作/ HEP HALL
主催/ HEP FIVE
協賛/ターナー色彩株式会社


次の記事 
前の記事 

最新のスタッフブログ
リンク