BLOG

【6月のイベント紹介】夏もお芝居☆

夏もすぐそこ、いや、もう来てますね。
今年はめちゃくちゃ暑いらしいですよ…!
もうこれは涼しいHEP HALLでお芝居を見るしかないですね、うん。

さて、6月のイベント紹介です☆

(画像をクリックしたら公演ページにいけます)

2日からは
劇団SE・TSU・NA「語り部たちの夜─空(くう)─」】(6.2~4)
昨年開催された『ABC創立65周年記念第1回劇的!ABCドラマグランプリ!!~笑いと涙の120分』で「座敷おやじ」が最優秀賞を受賞した中神謙一が、自身の劇団に書き下ろすモダンホラー。
いわくありげな骨董に導かれ、心の闇を引き出された人々の悲喜劇を連作オムニバスで描く「語り部シリーズ」最新作です。
今まで上演された語り部シリーズの動画はコチラ→「陰」「雲」
本公演「空」の台本一枚も公開中です☆

6月4日(日)12時の回は、視覚に障害をお持ちの方を対象とした音声解説付きステージです。専用の機器を使用し、ご希望の方にだけ解説が聞こえるシステムですので、一般の方も通常通りご観劇いただけます。※サンプル動画はコチラ

15日からは
THE ROB CARLTON「lab.」】(6.15~19)
上質なシチュエーション・コメディで注目の劇団【THE ROB CARLTON】の新作がやってきました!これまで「プロフェッショナル」な男たちを描いてきたロブカールトンが、今回挑むは「ジーニアス」!
天才、秀才、英才、俊才、奇才。閃きに次ぐ閃きに、思考時間ゼロの妙案。
気高くも滑稽な、世界屈指の頭脳を持った男たち。あの研究室にはジーニアスしかいなかった。

余談ですが、前回公演「THE WILSON FAMILY」は第12回公演でしたが今回は第14回公演なのです。「ホテル」をコンセプトにした団体のため13は使わないそうな。(13は不吉な数字のため、ホテルの中には13階を12.5とか14階と表示している所もあるらしいです)こだわってる!!
こだわっているといえば、ロブカールトン名物のオリジナルチケットが今回もあるそうです。チケットへの名入れをご希望の方はTHE ROB CARLTON 公式WEBサイトもしくは演劇パス からご予約下さい。とっても素敵ですよ☆

23日からは
ワンダーラーワールド「溺れる魚とナビィのあれやこれや」】(6.23~25)
HEP HALL初登場!京都で活動する舞台芸術創造団体ワンダーラーファクトリーから派生した【ワンダーラーワールド】の旗揚げ公演。
俳優・ダンサー・歌い手・演奏家など様々な分野のパフォーマーたちがひとつの作品を創り上げる、新たな『Entertainment Performance』の創造を目的とした団体です。

海洋大学の同じ寮に住んでいる、平凡な男子大学生。追いかけられて海に落ちたはずなのに、気がつけば・・・ここは!?人魚と海老の結婚式?舌平目の国選弁護士??「僕たちが溺れているってどういうこと!?」彼らに残された時間は、海底時間で45日。それは〝命の使い方〟を考えるために残された時間。生きる意味すら知らない彼らに、この先の未来はあるのか――

お楽しみに☆


次の記事 
前の記事 

最新のスタッフブログ
リンク