BLOG

【イベントレポート】YOUPLAY vol.1「スペースレンジャーの不思議な惑星」

11月中旬から8日間にわたって開催された新ライブエンターテイメント「YOUPLAY vol.1 スペースレンジャーの不思議な惑星」無事に全公演を終えることができました!!!
ご参加いただいたスペースレンジャーのみなさん!ほんとうにありがとうございましたっ!

ていうかそもそもYOUPLAYとはなんぞや?というあなたのために。
まずはYOUPLAYの遊び方をおさらい★

HOW TO YOUPLAY
基本的にすべてアドリブ
 役を演じることにあわせてどんどんシーンが変化していきます
演じる前or演じた後、観客として観覧できる
 役者と観客、両方の目線で物語をお楽しみいただけます

YOUPLAYに用意された脚本はひとつ。そこにはおおまかな筋書きがあるだけで、台本は用意されていません。台詞の積み重ねが物語をつくる演劇において、決まった台詞がないということはつまり、どんな物語をつくりあげるかは台詞を発する演者(=あなた)自身にかかっているということ。
メンバーが変わればアドリブも変わる!つまり物語も劇的に変わる!アドリブにアドリブを重ね合うことで無数の物語が生まれる、未知数の可能性を秘めた新しい遊びです。

それらをふまえて!
YOUPLAYの遊び方とスペースレンジャーの物語を写真つきでご紹介します◎

DSC08144
まずはクロークでお着替え!
ヨーロッパ企画の酒井善史さんお手製の宇宙ジャケット&宇宙ヘルメットを着用します。テンション上がるーーー!

着替え終わると、つなぎのさわやかなお兄さんが登場!みなさんをYOUPLAYの世界へアテンドしてくれるステージマネージャーです。演じるキャラクターのプロフィールから、役者として演じるための心得やアドバイスまで、明るく楽しくノリよくレクチャーしてくれます。
お兄さんの合言葉は「Let’s PLAY! YOUPLAAAAAAAAY!!!!!!

さて、お兄さんの誘導でホールに入るとそこはもう舞台。前には客席があります。
各自それぞれのファーストポジションへ着いたら、開演ブザーとともにYOUPLAYスタートです!

【YOUPLAY vol.1「スペースレンジャーの不思議な惑星」】

みなさんは宇宙の平和を守るスペースレンジャーの若き候補生。鬼教官として知られるシャイロック教官のもとで、いよいよ最終訓練を受けることになります。そろったのは、どこをとっても個性的すぎる10人の精鋭メンバー。
その最中、謎の惑星アルメテウスから届いた救難信号。太陽系から遠く離れたその星で、未知の生物が助けを求めているようです。正規のスペースレンジャーたちが全員出払っているなかでの緊急事態。教官の命令により、スペースレンジャー候補生たちは急遽アルメテウスへ向かうことに!

DSC08160
シャイロック「コックピットに乗りこんだら、目の前の操縦桿を握れ!!!!!
スペースレンジャーたちの目の前には(心の目でしか見えない)操縦桿が!それぞれ自由なかたちの操縦桿を握って、カウントとともに力いっぱい引きます!

3、2、1、GO!!!!!

DSC08174
到着した宇宙には危険がいっぱい。
宇宙船のなかで待ち受けていたのは数々のアクシデント!

DSC08166
ミッションに失敗すると、宇宙空間に放り出されます。さて、どうする?

DSC08167
なんとかしてたどりついた謎の惑星。
手持ちの酸素が尽きる前に、救難信号の発信源を探さなくてはなりません。

DSC08168
つぎつぎと襲いかかる困難。そしてとうとうメンバーの身に異変が!
スペースレンジャー最大のピンチを、メンバーたちはどうやって乗り切るのか?

DSC08161
ヒーローものの定番!最後は全員でかっこいいポーーーズ!
さて、あなたは無事に一人前のスペースレンジャーになれましたか?

DSC08181
初対面同士で緊張していても、演じ終えたあとはすっかりみんな仲良しに★
記念撮影タイムは毎回大盛り上がりでした!

「スペースレンジャーの不思議な惑星」はこんな物語。でも、これはあらすじに過ぎません。
物語のなかで起こるいくつかの事件のまわりにはいつも、演者のための余白があります。余白をどんなふうに遊ぶか、どんな台詞を積み重ねるか、どんなキャラクターに仕立て上げるか、どんな物語にするのか、それはすべてPLAYする演者にかかっています。自由な発想と表現と言葉と動きで、ひとつのあらすじを無限の物語に変えることができる。YOUPLAYはそんなエンターテインメントです。
そして用意された物語の土台をよりリアルに体験することができるのは、最新鋭のシステムをあますところなく使ったプロジェクションマッピングとモーションセンサー技術の成せる技。ハイテク技術を贅沢に施した空間のなかでローテクをめいっぱい駆使して遊ぶ、まさに「ハイテクごっこ遊び」!こんな楽しみはふだんなかなか体験できないですよね。
それぞれのメンバーによる、それぞれの40分間。今回も公演の数だけ、いろんな物語が生まれました。演じたあなたも観たあなたも、YOUPLAYをお楽しみいただけましたか?

↓ 次のページヘつづきます! ↓


ページ: 1 2

タグ 

次の記事 
前の記事 

最新のスタッフブログ
リンク