091222_bn.jpg

地味だけどクセになる「真顔コント」が大阪初登場!

いい声と笑顔の向こうに何かがみなぎる嶋村さん(中央)、いつも困り顔でキングオブ被害者の竹井さん(左)、CMや映像でもよく見かけるクールなたたずまいの野間口さん(右)。ガバメント・オブ・ドックスの故林広志の元で腕を磨いたコント職人が、真顔でふざける姿に母性本能くすぐられます!作家陣も豪華!なぜか「喪服割引」あります。東京は1ステ10人以上の喪服なお客さんが来るらしい(笑)。お客さんも真顔でふざける、それが親族代表の楽しみ方!

今年、親族代表は十年目を迎えました。当初、タイトルは『渋』でした。
「十」年ですし、「今回は渋くカッコいいライブに」との想いを込めてつけました。
で、二つ重ねた方がより面白かろうと『渋々』にしましたところ、
途端に印象がネガティブになってしまいました。失敗でした。
でも、面白い方が好きです。
(by嶋村太一)

親族代表「渋々」

日時 2009/12/22(火)- 23(水)
12/22(火)20:00
12/23(水)14:00、18:00
料金 前売・当日共 3,500円[全席指定]
※【喪服割引】喪服でご来場の方に受付にて500円の寸志差し上げます
脚本・演出 福原充則(ピチチ5)
脚本提供 ケラリーノ・サンドロヴィッチ(ナイロン100℃)、ブルースカイ、池田鉄洋(猫のホテル/表現さわやか)、川尻恵太(SUGAR BOY)
出演 嶋村太一、竹井亮介、野間口徹
チケット 2009/10/10(土)発売開始
電子チケットぴあ→0570-02-9999(Pコード:396−990)
親族代表
・HEP HALL電話予約→06-6366-3636(11:00〜20:00)
お問合せ 親族代表(イマジネイション内) 03-3314-0478

親族代表
コント作家の故林広志が手掛けた第一期コントサンプルに参加していた、嶋村太一・竹井亮介・野間口徹の3人よって結成されたコントユニット。
演劇畑の3人が、演劇界のみならず、演芸界でも高い評価を得ている故林の作品に、演劇的な手法でアプローチ。様々なお笑いイベントでも特異な存在感を発揮してきた。
その世界は、独特でおかしさをはらむ地味な雰囲気のため、「真顔コント」などとも言われ、設定や関係性の妙をていねいに作り込んで繰り広げられる。
2006年1月のTHE LIVE「3」より、故林広志prd.からは独立し複数の作家から脚本の提供を受け、バラエティー豊かなライブ作りを実践している。

■嶋村太一(写真中央)
一度見たら忘れられない動き、良い声、そして何かがみなぎる笑顔。実生活ではそうでもない存在感を、舞台でダイナミックに発揮。
■竹井亮介(写真左)
コントに不可欠な被害者役を恰幅良く演じますコントのお手本さん、もろさ抱えた常識人。その絶品の「困り顔」に内外のファン多数。
■野間口徹(写真右)
緻密な演技で全体をまとめていくペースメイカー。客演やCM出演も多い。自然なたたずまいは、玄人受けからメジャーに各日にシフトする。

◎チラシ
shinzoku_flyer1.jpg shinzoku_flyer2.jpg

◎CM CLIPs
2.jpg 3.jpg

関連リンク

親族代表
嶋村太一
竹井亮介
野間口徹
福原充則/ピチチ5(クインテット
ケラリーノ・サンドロヴィッチ/ナイロン100℃
池田鉄洋/猫のホテル・表現さわやか


タグ 
最新のスタッフブログ
リンク