BLOG

【みなさんのこえ】池田修三展「センチメンタルの青い旗」(2)

連日開催中の展覧会「池田修三展 センチメンタルの青い旗」。会期もいよいよ残りわずか!お友達同士やカップル、ご夫婦やファミリーなどなど、いろんなお客さんに多数ご来場いただいています。
会場アンケートもどんどん増えてきているので、ふたたび一部ご紹介します◎
(「みなさんのこえ」第1弾はこちら!

原画のパワーに圧倒されました。
印刷で見るものと、全然違う!すごい!!
木版を展示しているのはいいですね。裏表で1枚のやつ使ってたんだなーとか、やっぱり木だからそんなにたくさんできるものでない、ということなども、話で聞くのと物を見るのでは心に入ってくるのが変わってきます。
こんなにたくさんの作品を無料で見られる展示、絶対、もっとたくさんの人が来るべきですよ!
こんなにたくさんの作品が展示されているとは。きてみてビックリ。
実物の版木が見れてよかったです。
展示のシツライにも心配りが感じられ、とても質の高いものに触れさせていただきました。
ありがとうございます。
この絵たちは本当に秋田から来たのでしょうか…というくらい、なんだか身近で。
存じ上げませんでしたが、ゆっくり優しい気持ちになることができました。
すごく感動した。涙が止まらなかった。
こんなに時間をかけて見た展覧会は初めてです。
繊細な線や色が、本物だからこそ伝わってきました。
これで無料なんて信じられないです。
一人でも多くの人に見てもらいたいなと思うので、周りにすすめてみます。その中で誰かの心の中に残ったならうれしいなと思います。
のんびりというフリーペーパーでの特集で池田さんを知って、ちょうど展覧会をしているという事で、きました。
何層にも重なった色と少しの凸凹が一枚一枚、もともとはご本人が刷っていると考えると…素晴らしいの一言です。私も一枚欲しくなりました。
池田修三さんのことを存じ上げなかったのですが、藤本さんのTwitterのつぶやきや、たくさんの人がつぶやいてるのを読むうちに、見てみたいと思いました。
無知のまま来たのですが、このあたたかさにつつまれる感じ、やさしさにつつまれる感じ、とても心地の良い空間でした。
全体的に可愛くて、ほっこりする作品が多く、でもどことなく切なくなる。まさにセンチメンタルという言葉がぴったりでした。
いつかそう遠くない将来、お気に入りの一枚を自分の部屋にかざりたいです。来てよかったです。通りすぎなくてよかった。
象潟に続き、大阪での池田修三さんの個展開催おめでとうございます。
見たことない作品、大きく伸ばしてもやっぱり素敵な作品のすごさ。
長崎からまた池田修三作品に呼ばれて来ちゃいました。見に来た甲斐がありました。
優しくてあたたかい。
自分の生まれた年の作品も決して古くならない、とても良い展示でした。
大正生まれのおじいさんの作品とは思えないくらい、愛らしく、乙女で、美しかったです。
ポエムな作品かと思ったら「いのり」のような深い作品もあって、母子像には見入ってしまいました。
秋田での池田修三展開催をうらやましく思っていましたが、大阪で見れるなんて本当に嬉しいです!!
実際に版画を見て感動しました。開催してくださってありがとうございます。池田修三さんのこともっと知りたいです。

遠方からお越しいただいた方、期間中何度も観に来てくれている方、修三さんのことを知っていた方、この展覧会をきっかけにはじめて知った方。
修三さんにまつわるいろんなエピソードを持って、毎日いろんなひとが足を運んでくれます。
レジにて、グッズをお買い上げくださったお客さんが、とてもうれしそうに展示の感想を聴かせてくれるのも、スタッフの楽しみのひとつです。展覧会を見た感想や、修三さんとその作品について思ったことなど、よければ会場にいるスタッフにお聴かせください◎スタッフは常時ロビーや会場内にいるので、気軽に声をかけてくださいね★

話しかけるのはちょっぴり恥ずかしい、という方は、ロビー奥のアンケートコーナーへ!アンケート用紙に思いのたけをたくさん書いてくださいね。こちらも楽しみに読ませていただいてます!
そして引き続き、Twitterでも感想ツイートおまちしています◎いろんな方へおすすめしていただけるとさらにうれしい!公式ハッシュタグ #池田修三 をつけてくださいね。
大阪展の感想ツイートのまとめもつくりました!会期中こまめに更新するので、ぜひチェックしてください。
池田修三展「センチメンタルの青い旗」大阪展 感想まとめ – togetter

すてきな展示も、10/7(月)まで。あと5日で終わってしまいます。修三さんの作品に、何度でも会いにきてください★
毎日11:00から20:00までやってます。入場無料です。
ご来場おまちしてますーーーー!

池田修三展「センチメンタルの青い旗」| HEP HALL.com


次の記事 
前の記事 

最新のスタッフブログ
リンク