BLOG

【イベントレポート】YOUPLAY vol.0「スペースレンジャーの不思議な惑星」

さて、メモリアス号が宇宙空間に到着。隊員たちはコックピットから出ます、が、ふつうに出てはダメ。教官に「なにぬるっと出てるんだ!!ドアがあるだろうドアが!!!」と怒鳴り散らされます。イメージのちからを使って、みんなそれぞれのドアをオープン!自動と手動、トイレ風ドアや引き戸式、シャッタータイプなど個性出まくり。
コックピットから出たところで「通常業務に入ってくれ」と教官。それぞれが船内でやっているいつもの作業に移ります。それぞれの隊員はふだんどんな作業をしているのか?
教官もいじりきれないくらい毎回キャラ立ちしまくっていた通常作業の風景を、ほんの一部ですがご紹介!

キャサリン → 銃の練習、全員に指示を出す、ロボのメンテナンスetc
ジョージ → ランニング、船内のそうじetc
ミック → 読書、勉強、パソコンetc
ストイコビッチ → 鉄アレイで筋トレ、腕立て伏せ、腹筋etc
スージー → ジャグリングの練習、ダンス、ワンと遊ぶetc
ボビロン → フライパンで料理、下ごしらえetc
タカミネさん → 掃除、新種の生物を探す、網でなにかを追いかけるetc
救助ロボEP600 → 散歩(ロボット歩きのため遅い)、電波を受信etc
救助犬ワン → 走り回る、吠えまくる、昼寝、エサをもらうetc
火星人 → 昼寝、散歩、触手(?)をワンにくわえさせるetc

惑星到着まであと5分。
通常作業をしながら、シャーロック教官からスペースレンジャーとして覚えておいてほしいことを2点教わります。
《スペースレンジャーの心得その1:宇宙ヘルメットを使いこなせ
隊員がかぶっているこのヘルメット、暗い場所で「ライトオン!」と叫ぶと自動でライトが点灯します。ハイテク!
《スペースレンジャーの心得その2:メンバー全員で協力せよ
宇宙ではなにが起こるかわからない。予想外のトラブルが起こるかもしれない。だからこそスペースレンジャー全員の協力が必要不可欠なのだ!…と教官に言われたそばから船内でトラブル発生!船内に宇宙ネズミが紛れこんでしまったのです。すばしっこく暴れまわる宇宙ネズミを、全員で力をあわせて捕獲するべく奮闘します。全員がばらばらに動いていてもダメ。誰かが指揮をとり、全員でネズミをうまく取り囲まないとつかまえられません!

20130320 YOUPLAY vol.0「スペースレンジャーの不思議な惑星」_43

お見事!全員で協力するということをしっかり身体で覚えた隊員たち。
この経験はきっとこのあとの任務で役に立つはずです。

すると「音声信号をキャッチした」との船内アナウンスが。全員でその音声に耳を傾けます。しかし聞こえてくるのははじめて聞く言語。なにを言っているのか誰にもわかりません。

20130320 YOUPLAY vol.0「スペースレンジャーの不思議な惑星」_45

ここで隊員たちは思い出します。メンバーの中に、翻訳が得意だと言っていた者がいたことを!そう、救助ロボEP600の特技は翻訳。ロボの翻訳を待つ隊員たち。すると、ロボがすこしずつ翻訳をはじめます!

「キコエテ……イマスカ……ワタシハ……ココニ……イマス……………」

ロボのすばらしい翻訳機能により、謎の惑星アルメテウスに生命体が存在しているらしいことを知った隊員たち。そしてその生命体が助けを求めているということも。いそいで惑星に向かわなければ!

と、鳴り響くサイレンとともにいきなりの激しい揺れ!「立っていられないくらい激しく揺れている」船内で、隊員たちも大きく揺れます。どうやらアルメテウスの強い引力で、宇宙船が引き寄せられているよう。教官の指示により、隊員たちはコックピットにもどっていったん惑星から離れることに。操縦桿を引きます。しかし!

20130320 YOUPLAY vol.0「スペースレンジャーの不思議な惑星」_47

操縦桿が言うことをききません。爆発まであと30秒、このままでは乗組員全員の命が危ない!
教官の指示が飛びます。「緊急脱出だ!自分のコックピットから出ているルートをたどって、出口へ急げ!!!」

20130320 YOUPLAY vol.0「スペースレンジャーの不思議な惑星」_49

足元を見ると、たしかにコックピットから自分とおなじ色のルートがのびています。揺れに耐えながらこれをたどっていくと……

20130320 YOUPLAY vol.0「スペースレンジャーの不思議な惑星」_11

脱出口へつながっていました!
残り時間わずかのなか、全員せーのでジャンプ!!!!!

…………

目が覚めると、そこは薄暗い地面の上。まわりには気を失っている他の隊員たち。顔を上げると、さっきまで自分たちが乗っていたメモリアス号が墜落していくのが見えます。しかし間一髪、隊員たちは脱出に成功して一命をとりとめたようです。でもまさか、隊員たち自身が謎の惑星に放り出されてしまうとは……

雑音混じりのなか、シャーロック教官の声が聞こえます。
「いますぐ地球から救助船を送ろう。救助船が到着するまでに、謎の声の正体を探し出すんだ」そしていつのまにか、隊員たちの足元にはメーターのようなものが回転しています。「落ち着いて聞いてほしい。それが、残りの酸素だ

20130320 YOUPLAY vol.0「スペースレンジャーの不思議な惑星」_15

なんと残された酸素はごくわずか!激しく動き回るとすぐに酸素を使い果たしてしまうため、慎重に動きながら声の主を探さなくてはいけません。不安に駆られていると、あたりがすこしずつ暗くなり……
「…危険な生物があらわれるかもしれない……ひとりとして死んではならない……みんなで…もどってくるんだ……」
その言葉を最後に、シャーロック教官との通信が途絶えてしまいました。周囲は真っ暗闇。謎の惑星に、深くて不気味な夜の気配が……
さあ、どうするスペースレンジャー!

↓ 次のページヘつづきます! ↓


ページ: 1 2 3 4

タグ 

次の記事 
前の記事 

最新のスタッフブログ
リンク