BLOG

元祖黒久は日曜日まで。

面白かったです!元祖黒久1・1・1「はし」。
今回は芸人さんたちのお話なので、これ以上にピッタリな人たちは居ないです。
笑わせてくれるところがいっぱいありますが、ストーリー的には芸人さんとそれにかかわるさまざまな人たちの人生が垣間見えて、複雑な気持ちにもなります。
山崎邦正さんの幻の小説「ヘラクレス」が読んでみたいですね。
幻なんで、出版はされてないんですが、いつか・・・!ってことがあるかも。

明日(4/12)がいよいよ千秋楽。
当日券は若干枚数になるかと思いますが、各回開演の1時間前より発売です。
久馬さんの笑いの打率の高さに脱帽です。ぜひ!


次の記事 
前の記事 

最新のスタッフブログ
リンク