BLOG

【イベントレポート】劇団レトルト内閣 エレガンスROCK「倦怠アヴァンチュール」

レトルト内閣 エレガンスROCK「倦怠アヴァンチュール」公演終了しました。全ステージ前売り完売、当日券でもたくさんの方が来られ連日満員で大盛況!ご来場ありがとうございました。2006年に上演した劇団の代表作で再演希望の声が一番多かった作品でもあったそうです。明るくて切なくて、そしてなんといっても綺麗!なニューハーフたち。とくに川内さんと益山さんは・・ハァ~って唸っちゃいましたよ。
では、舞台写真を少しご紹介。

ちなみにこちらは初演時の特設サイト。→「倦怠アヴァンチュール」(2006年初演)今回見られた方は比べてみるのもおもしろいかも。

もうひとつちなみに、今回ゲストの子供鉅人の益山寛治さんは7月のピースピット「RIP」に出演されます。今回はきれいなニューハーフ、去年9月の子供鉅人「幕末スープレックス」でも遊郭の美女。チラシ画像からするとピースピットでは男役?7月と少し先ですが、こちらも楽しみな作品ですね。


次の記事 
前の記事 

最新のスタッフブログ
リンク