BLOG

【イベントレポート】柿喰う客「無差別」

柿喰う客「無差別」終了しました。7日間、全10ステージ。東京、福岡とあわせると約1ヶ月の公演も9日の14時が大千穐楽!舞台写真をご紹介。

「劇作家の中屋敷が2012年に生きるすべての命に向けた新作戯曲です。観客の皆さまが、仰々しいテーマや重々しい内容に臆せず、素直な感性で、この作品と出会うことを願っております。」

パンフレットに書かれていたこの言葉通り、ここ数年抱いていた柿喰う客のイメージとは違う重たく真面目な内容で、しかし、確かに”今”を生きる上で本当は避けて通れない問題(つい目をそむけてしまっているころと)を投げかけられた作品、しかもかなりストレートに問いかけられた気がします。それと同時にエンタテイメント作品として昇華させた「演出家」としての中屋敷さんも素晴らしかったです。「無差別」を観たたくさんのお客さんたちもそれぞれに何かを感じてるようで、twitterで「柿喰う客」で検索するといろいろ出てきます。コチラもぜひ!劇団として柿喰う客は7周年、これからの活躍がますます楽しみです。

-終わりは始まり-

柿喰う客が終われば、次はPEOPLE PURPLEがはじまる。
売り切れになっていた回も追加席が販売しています。最新情報は劇団HPをご覧ください。


タグ 

次の記事 
前の記事 

最新のスタッフブログ
リンク