BLOG

【イベントレポート】HEP HALLからの脱出2─再び閉じ込められた人々は、いったいどうなったのか?

↓おまけ

es2_085.jpg
大活躍のヨーロッパ企画の二人。右) 主演、といっていいでしょう!サッカー選手であり僧侶役の松田直樹。第1回に続いての出演でHEP HALLからの脱出の主要キャラクターとなりました。次もあるのか?左) 助演の死体役であり、舞台セットを手がけた酒井善史。復活の場面では無駄に迫真の演技を見せてくれました。

↓おまけ2
es2_ex003.jpg
今回うれしかったことのひとつに、元祖脱出ゲームともいえる「クリムゾン・ルーム」とコラボできたことがあります。映像だったり、部屋の額縁などが、実は「クリムゾン・ルーム」のアイテムそのまま使用させていただきました。中には映像が映った瞬間に「クリムゾン・ルームや!」という人も。あと、重要アイテムの赤い本は、実は「クリムゾン・ルーム」の小説だったのですが、多分ほとんど全員が気づかず。まぁ、そんな余裕はありませんでしたよね。上の写真は、20日のスペシャルトークショウの様子。脱出ゲームの生みの親、高木敏光さんと、リアル脱出ゲームを作ってしまったSCRAPの編集長、加藤さんによる脱出対談。僅かの時間でしたがクリエイター同士のとってもいいお話が聞けました。この模様は近々どこかで公開されるかもですよ。


ページ: 1 2 3 4 5 6

次の記事 
前の記事 

最新のスタッフブログ
リンク