BLOG

【イベントレポート】Park Style MUSICオワリました~!

2日にわたってお贈りした音楽イベント「Park Style MUSIC」終了しました。
2日目はスチョリ、シガキマサキ、ゲントウキの3組に出演してもらいました!2日目は全てバンドセットで、ボリュームのある夜になりましたヨ。

スチョリさんの歌声を好きになったのは、2年ほど前で、ラリーパパー&カーネギーママを経て、ソロ活動を始めたころ。何度かイベントに出てもらったときは、ピアノの弾き語りでしたが、今回は特別にバンドスタイルで出演してくれました。スチョリと森の仲間たち!みなさんそれぞれ活躍する方が集まって、スチョリさんが楽しそうなのが印象的でした。ギターの安宅さん、ドラムの辻さん、ベースの伊藤さん、クラリネットの浦さん。スチョリさんは、先日来日したキャロル キングのライブをスチョリさんは見てきて、名曲たちはいろあせることなくめっちゃステキだったそう。そんなキャロルキングの「So Far Away」のカバーもスチョリさんはしていて、すごいよかったなぁ。

◆シガキさんは、今回は今夏出したアルバム「ハミングムーン」のツアー中。前日北海道でのライブを終えて、大阪に来てくれました。普段は熊本県在住で活動するシガキさん、そんな彼の歌声は、その瞬間瞬間にかけてるものが伝わってきて、歌声のキレのよさもソウルフルでファンキーな部分も、バラードのしっとりした部分も、言葉がビシビシ入ってきて、「サリー」は聴いていて泣きそうになりました。MCからも人柄が伝わってきて、ポロッと出る熊本弁はすごくアッタカイ。今回、バンドスタイルでしてくれた数曲には、関西で活躍するバンド・bloom fieldが参加してくれました。

◆そして、トリを努めてくれたゲントウキ。ゲントウキは今は田中潤さんのソロプロジェクトですが、今回は弾き語りのほかにも東京で活動するDial Groupがバックバンドで参加、かなりボリュームのあるグルーヴィーなライブになりました。胸キュンポップだけでなくかっこいいゲントウキの曲たち。青春は10代だけのものじゃないナ、大人の青春を感じさせるんですよね。繊細だけど骨太なゲントウキの声はすごく不思議ですね、ポップに尽きる。アンコールではなんとサプライズで、元ゲントウキのメンバー・伊藤さんがベースに入って、「いちもくさん」を演奏してくれました。いいもの見れました!ウレシイですね。今回、伊藤さんはスチョリバンドのベースとして来てくれてたんです。

◆今回の2日間にわたるパークスタイルは、ラジオDJ・西村愛さんと出会って、生まれました。そんな彼女に最後を締めくくってもらい、幕を閉じました。

次回のパークスタイルは予定はしていません、またいつか出来たらなぁと思っています。オザブトンどうでしたか?ちょっとオシリも痛くなりますが、広沢さんのおかげで今回全員が立つという貴重な体験もできたました!(笑)
みなさん、本当にどうもありがとうございました。


タグ 

次の記事 
前の記事 

最新のスタッフブログ
リンク