BLOG

梅佳代とグレゴリー・コルベール。

昨日は小野田さんと一緒に、梅佳代展の打合せに東京へ行ってきました。
打合せ場所は、梅佳代さんの大ヒット写真集「うめめ」を生んだ版元・リトルモア。写真集第二弾「男子」の制作も佳境を迎えるなか、併設ギャラリーのリトルモア地下を使わせていただいての打合せでした。現在は星野源×平野太呂「ばらばらてん」(〜6/20)が開催中ですが、休館日なので僕らだけ。写真展の会場で写真展の打合せするってちょっと贅沢 😛

littlemore2.jpg littlemore1.jpg
どの写真をどうレイアウトしようかと、あれこれ思案中。
なんかねー、真剣に選んである間は何も思わないんだけど、ふと我にかえるとバカバカしい写真が並んでて吹き出してしまいます。ほんま、ようこんな写真撮るわ。というか男子はしゃぎ過ぎ。さすが大阪ですな。 :mrgreen:

今回は大阪はHEP HALL、東京でも8月にリトルモア地下で梅佳代展開催します。(東京はこの週末までエプサイトでも展覧会開催してます。)会場の大きさやつくりはそれぞれ全然違うので、写真の展示内容も様々。それぞれ楽しみにしてくださいね。

難航するかと思った打合せもスムーズに終了し、時間が余ったので、ぜひ行ってみたかったお台場のグレゴリー・コルベールの写真展へ。
gregory.jpg
移動美術館というコンセプトが凄いですね。なんか建物にまず圧倒されました。
コンテナで作った美術館なのに、中に入ったらどこかの神殿かと思うぐらいの濃密な空間。
写真も奇跡の一枚の連続。なんでこんなん撮れるんやろう?

日常と非日常、お手軽写真と重厚写真、真逆の写真を一日中たっぷり見て、堪能して帰ってきました。


タグ 

次の記事 
前の記事 

最新のスタッフブログ
リンク