BLOG

コリアンミュージッククリップ

ヘップホールでは、SSFF4日目を迎えています。

1つのプログラムに4本~多いもので9本の短編映画が入っていて、

それが1日4~5プログラム上映されています。

今日は、コリアンミュージック クリップ プログラム(KMC)が気になります。

今日は19:20~、明日8/23は15:00~と2種類のプログラム。

このプログラムの上映後には、FM COCOLOなどでも活躍する

古家正亨さんの解説や、韓国ミュージックグッズが当たる

抽選会もあります。お楽しみに!

ミュージッククリップって、音と映像の相乗効果で面白いですよね。

ただの8ビートも、例えばそこに芋洗坂係長が

肩をゆすってるだけですごい意味を感じる、というか見てしまう。

係長は出てきませんが、

この韓国のミュージッククリップは、映画俳優が出演して、

まるで映画のようなストーリー仕立てで、

いまや映画監督の登竜門となっているそう。

韓国のドラマってすごい展開になっていきますから。

「魔王」も見逃している間にすごい転がり方をしていて、

まさに目が離せないのが韓国流。

たぶん今や10代の女の子たちよりも、

オバサマたちのほうが韓国文化は詳しい。

このクリップも1曲に人生が詰まってると思います。

興味のある方はぜひどうぞ。

       ★         ★         ★

最近は街を歩いていても韓国・中国の観光の方が本当に多いです。

昨日の帰り、HEPの裏口で韓国の女の子2人組に

「スカイビルはドコデスカ?」と声をかけられました。

その単語だけを覚えてきたようで、日本語は通じず。

梅田って街は説明ムズカシイ・・・と思い、とりあえずスカイビルが

遠くからでも見えるところまで送ろう!と、歩けど

ビルだらけでいっこうに見えないんですよね・・ふぅーん。

結局地下道の入口まで送って「ぷりーずゴー ストレイト」。

きっと展望台に登るんだろうなぁ、でもたぶん時間ギリギリだなぁ、

と思いながら、日本を大阪を楽しんでください!と。

説明とは難しい。日本語でも。


タグ 

次の記事 
前の記事 

最新のスタッフブログ
リンク