BLOG

人生は続くのだ。そして残念ながら時間は等しく過ぎていくのだ。だから一瞬一瞬を大切にね。ということですよね。

今更ですがイキウメ、たくさんのご来場ありがとうございました!
伏線が消化できてない!とか、死神に追われる少女の物語と時間を売買するブローカーたちの物語がきちんと結びついてない!という人たちもいるだろうな。でも、ほんとはそんなものなんじゃないかと思うのです。物語が綺麗に収束するよりも、色んなレイヤーで進んでいる物語が時々絡み合い、でも収束はしないで何かの途中で終わるってすごくリアルな気がして、個人的には気持ちよかったです。

アキレスと亀の事が気になって調べてみたら、2500年も解けてない謎だって!フェルマーの定理もびっくりやん。一秒の中に無限が存在するっていう今回の物語はこれが元ネタだったのか。でも、なんでこれがそんなに難しい謎なのかわからん。なーんかうまいこと言い包められてる気がする。アキレスと亀という例えにした段階で、純粋な点と点の移動の話じゃなくなるよね。ポイントは時間あたりの運動距離と歩幅の差やと思うねんけど、いろんな解説読んだら久しぶりに頭が拒絶信号を出してきたのでもう無理。

一瞬の中にある無限あるいは永遠をたとえ認識できたとしても、時間の進む速度は一緒だから意味なくない?それを乗り越えるには、メイド・イン・ヘブンとか加速装置とか自分だけ時の速さを変えられるものが必須じゃないかと思います。


タグ 

次の記事 
前の記事 

最新のスタッフブログ
リンク