OFC.FESTIVAL
「オーダーメイドファクトリー」

期間限定のファッション工房がHEP HALLに登場!あなただけのオリジナルグッズを作ろう。

イラストレーター・安齋肇 、アートディレクター・若野桂、歌手・UAら、各界のクリエイター8名が「OFC.FESTIVAL」のために描き下ろしたオリジナルテキスタイルを生地に使って、職人があなたにぴったりのオリジナルTシャツをその場で作ってプレゼント!職人さんがHEP HALLに常駐してるから、もちろん製造工程の見学もできます。また、端切れを使って、シュシュ・スマホケース・携帯ストラップなどのオシャレ小物を自分で作ることができるワークショップもあり。気軽にチャレンジしてみて!

[ Data ]
日時 2011.10.8(土)~13(木)11:00〜20:00
★オーダーメイドショップ受付時間
①11:00~ ②16:00~
プレゼント人数 一日先着200名(期間中合計1,200名)
料金 入場無料
お問合せ HEP FIVE tel.06-6313-0501
クレジット 主催 HEP FIVE
関連サイト 安齋 肇
若野 桂
UA
太公良
Day Starter
小松聖ニ
mocchi mocchi
TA-1
[ Profile ]
安齋 肇(あんざい・はじめ)
イラストレーター/アートディレクター
1953年東京都生まれ。桑沢デザイン研究所デザイン科修了。TIS会員。音楽に関する様々なビジュアルから、キャラクターデザイン、雑誌連載、「タモリ倶楽部」空耳アワー出演など。勝手に観光協会、LASTORDERZ、宿題工作オバンドス、フーレンズ、みち、ーーーー(よこぼう)のメンバー。
若野 桂(モシノ カツラ)
アートディレクター/映像作家(CM、ミュージック・クリップ)/グラフィック・アーティスト
1980年代より、デザイナー、アーティスト、映像作家として、イラストレーションの手法とCGの技術を応用した作品で国際的に活動。ナイキが1988年よりアメリカ15都市で展開したバスケット・ボール・キャンペーンにおける全てのCMキャラクター・デザイン、2003年にエヴィアンが世界で発売したレッド・ボトル(3種)のラベルデザインをはじめとする国際的な先端を走る広告グラフィック〜先端の工業デザインにおいて多数の著名プロジェクトを手がける
UA(ウーア)
歌手
UAとは、スワヒリ語で「花」という意味を持つ言葉。1995年6月デビュー。『情熱』『悲しみジョニー』『ミルクティー』などのヒット曲を持ち、AJICOやUA?菊地成孔等のコラボ作品も発表。またNHK教育『ドレミノテレビ』でのレギュラー出演や、『水の女』『大日本人』等の映画出演など、その活動は多岐に渡る。
太公良(タコラ)
ヴィジュアルクリエーター
独特なエレメントがリピートされるポップな作風で国内外から注目される。grAphic tAkorA名義のアートワークをハイファッションブランドのテキスタイルからグローバルブランドのディスプレイまで提供。アジアを中心に幅広いジャンルで活躍する。広告やプロダクト企画などクライアントとのコラボレーション展開で、21世紀流ポップカルチャーを体現。国内外のアートブックや展覧会にも多数参加。座右の銘は「キャッチィー命♡♥」。
Day Starter(デイスターター)
1974年大阪生まれ、大阪在住。独学で絵を描きはじめ、2000年より自身の作品を様々な形で展開する「Day Starter」名義で活動をスタート。版画・切り絵などの作風で、どこか懐かしく温かみのある色使いと、時間の流れを感じさせる独特の世界観を表現。エゴラッピングのCDジャケットや東京スカパラオーケストラのビジュアルデザインなどの音楽関連のアートワークをはじめ、「NHK みんなのうた」冊子表紙も手掛ける。これまでに様々なブランドとのコラボレーションなど多方面でアートワークを手掛けるアーティスト。
小松聖ニ(コマツ ショウジ)
1983年生まれ、東京都在住。「“線”を引きたいので絵を描いています。」
mocchi mocchi (モッチ モッチ)
望月 佐知子/純子の姉妹ユニット。共にMasa Mode Academy of Art卒業。シルクスクリーン版画でのカード、絵画の制作販売活動をはじめ、生活雑貨デザイン、テキスタイルデザイン、グリーティングカード、ポスター、カレンダーのデザイン等の企業への提案も手掛ける。国内外で活動を展開中。
TA-1(タイチ)
DJ、ミュージシャン、デザイナー。 様々なアーティストのサポート、プロデュース活動と並行し、都内を中心にDJとして活躍。 実弟・古川拓也とのデザインチームAnoraksではデザイナーとしての顔も持ち、アパレルブランド、アーティスト、紙面、デスクトップ上など、様々な媒体に自身のデザインを提供中。 今、最も次の一手が待たれる人物。

タグ 
最新のスタッフブログ
リンク