空晴

空晴「ココでココからの話。」

時間はあった。向き合わなかった。

うまくいってないわけじゃない、でも40歳を目前にして子どものいない二人の心はすれ違いぎみ。大事なことに向き合わずにココまで来たけど、ココからどうするか…そんな、ある夫婦の物語。優しいけどのんびりしていて気持ちを汲んでくれない旦那、年の離れた弟、そりのあわない義妹、そして幼なじみも巻き込んだ、ドタバタに笑ってホロリとできる空晴(からっぱれ)版ラブファンタジー。

【好きなもの50】岡部尚子(空晴)

[ Flyer ]

[ Script ]【台本一枚】

[ Data ]
日時 2011.10.27(木)〜 31(月)
10.27(木)19:30
10.28(金)19:30
10.29(土)15:00 / 19:00
10.30(日)14:00 / 18:00
10.31(月)19:00
料金 前売:3,000円
当日:3,400円
[整理番号付き自由席]
作・演出・出演 岡部尚子
出演 上瀧昇一郎 小池裕之 上田康人 / 楠見薫 太田清伸
チケット 2011.8.27(土)発売開始
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:414-116)
空晴HP
お問合せ 空晴 tel.080-3112-3323
関連サイト 空晴
[ Profile ]
岡部尚子(おかべ・なおこ)(作・演出/代表)
1997年ランニングシアターダッシュ入団 2005年解散まで全作品に出演。2007年空晴旗揚げ時より、すべての作品の作・演出を手掛ける。リコモーション所属。専門学校・養成所などの講師も務める。
【役者での外部出演】南河内万歳一座+天下の台所改善隊プロデュース「日本三文オペラ」、HEPHALLプロデュース「ケツパン」、売込隊ビーム、スクエア、デス電所、石原正一ショーと関西人気劇団に出演。
【作・演出での外部参加】2007年12月AIHALLプロデュース「フローレンスの庭」で劇団太陽族の岩崎正裕氏、2008年3月には「4×4」で南河内万歳一座の内藤裕敬氏と関西を代表する演出家の元で、演出助手を務める。2009年第15回女性芸術劇場「雑草ワルツ」演出(作・高橋恵/虚空旅団)。2010年6月京橋花月、よる芝居『一番の誕生日!』 〜京花(?) 産婦人科バージョン〜の作・演出。2010年12月リリパットアーミーⅡ25周年記念公演第2弾「kisses」中、一作品作・演出。2011年5月新神戸オリエンタル劇場『朗読劇 リトル・チャロ』演出(作・わかぎゑふ)。

タグ 
最新のスタッフブログ
リンク