BLOG

【みなさんのこえ】百年後の博物館

初日のアンケートを少しご紹介。↓ ↓ ↓

光の粒子で動く、電球のクルクル回るのが不思議でした。海底の音が聴こえるのも、何がどうなっているか分からないけど、音を聴いたとき、気持ちが良かったです。音にドキドキしました。ずっと聴いていたいです。目のレンズの仕組みと一緒と言っていた作品は、雪が下から降っていて、新鮮でおもしろかったです。(10代・女性・高校生)
ちがう国にいったみたい。(6才・女性)

展覧会の雰囲気とか、作品とかもすごいかわいくて落ち着く感じもあってすごいよかったです。私は特にメトロノームが入ってある作品が好きでした。家にある壊れてしまったものとかで、自分を作ってみたいと思いました。(10代・女性・高校生)
一歩入った途端、完全に外の世界とは違う世界でした。夢の中にいるようです。(10代・女性・高校生)
タイトルに魅かれ、空間に魅かれました。見て触れて聞いて感じて、全身で感じられる「存在」だと思いました。(30代・女性・会社員)
物の使い方、表現の仕方によって物が生きかえるのはすごいなあ。普段の生活にはありえないと思うことがここでは素直に受け入れられる。でも不思議な世界。来てよかったな。(30代・女性・無職)
はじめて見る物ばかりなのに、なつかしさを感じ、不思議と心地良いものを感じました。(20代・男性・大学生)
1つ1つ名前がないけれど、出会いの1つ1つは意味があって私はこの作品と出会えてとてもよかった。(10代・女性・高校生)
回すと音がする展示物が好きです。シャラシャラととてもキレイな音が鳴り響くから。機械のリンゴが好きです。現在の人類の象徴かな?と思ったから。天井からつるされた椅子たちを見て、自分の居場所がわからなくなりそうになりました。100年後の世界は想像すらつきませんが、なんとなく暮らせてる世界だったらいいなと思います。(30代・女性・会社員)
音や空気に耳を澄ます感覚を久々に思い出した気がします。(10代・女性・大学生)
作品にふれられるというのは、自分も作品の一部になったみたいでおもしろかったです。作品をみている人をみるのもおもしろかったです。脚立の上も楽しかったです。(20代・女性・アーティスト)
とても不思議な気分にひたることが出来、面白かった。自由に手に取って、さわることが出来る作品が多く、その意味でも一種懐かしいような、甘い感慨にひたることが出来、すごく楽しめた。(40代・男性・会社員)
偶然見つけた1冊目の作品集以来のファンです。その頃の記憶もフィードバックされるのか、作品を眺めていると涙が出そうになります。時間が封じ込まれている気がします。空間まるごとの黒田ワールドありがとうございました。(30代・女性・アーティスト)
「CLASS ROOM」素晴らしかったです。詩と作品がとてもマッチしていて、感動しました。(10代・男性・高校生)
全てのものが、自分の求めている感動がそこにあって、頭がおかしくなりそうだった。(20代・女性・会社員)

次の記事 
前の記事 

最新のスタッフブログ
リンク