BLOG

始まったと思ったら後8日しかないよ。小説も第5回公開しました。

初日、たくさんのご来場ありがとうございました。500人ですって。この展覧会では、アートに囲まれてゆっくりのんびり過ごしてもらいたいと思っているのですが、正直予想を上回るお客さんにお越しいただいて、一時はえらい混雑してしまいました。うれしい悲鳴です。

シベリアンニュースペーパーの神戸でのフリーライブが大雪で中止になったので、阿守さんと雄作さんも博物館を見に来てくれました。阿守さんからは「いいですねぇ!あの殺風景なHEP HALLがねぇ。」というお褒めの言葉?をいただきましたよ。今回の展覧会の僕のテーマは、まさにHEP HALLをどこまで心地の良い空間にできるかだったので、うれしかったです。明日のスペシャルライブでは、テーマ音楽「FRAGMENTA」も演奏してくれるのかな。めっちゃ楽しみ。
ほんと、黒田さんと垂人さんとHEP照明チームの力で、HEP HALLがかなり素敵な空間になってます。あっという間に消えてしまう博物館なので、お見逃しなく!ご来場お待ちしています。

あ、会場では実際に触って楽しんでもらうオブジェもたくさんあるんですが、そして思いのほか無造作に置いているのですが、もちろん美術作品なので、丁寧に触って楽しんで下さいね。

あ、お待たせしました。ウォーリーさんの小説も第5回公開しました。いよいよ僕は「百年後の博物館」にやって来ます!


次の記事 
前の記事 

最新のスタッフブログ
リンク